類似の単語または同義語 マルゴワール

fods    0.969540

シベリアンメドウ    0.969497

vlkolinec    0.969372

セイントセ    0.967896

städtetages    0.967293

landkreise    0.966932

missinos    0.966929

bsplp    0.966535

divrigi    0.966382

hwankim    0.966329

類義語または同義語 マルゴワール

Article Example
ジャン=クロード・マルゴワール ジャン=クロード・マルゴワール(Jean-Claude Malgoire, 1940年11月25日 - )は、フランスの指揮者。
ジャン=クロード・マルゴワール 当初はコーラングレ奏者としてパリ管弦楽団に所属。1966年に王室大厩舎・王宮付楽団(La Grande Ecurie et La Chambre du Roy)を創設して指揮者に専念している。バロック音楽を中心に、近年はヘンデルやモーツァルトの歌劇などを積極的に取り上げている。
王室大厩舎・王宮付楽団 王室大厩舎・王宮付楽団(おうしつだいきゅうしゃ・おうきゅうつきがくだん)またはラ・グランド・エキュリ・エ・ラ・シャンブル・デュ・ロワ(仏:La Grande Ecurie et La Chambre du Roy)は、フランスの古楽器オーケストラである。1966年にジャン=クロード・マルゴワールにより設立。以来マルゴワールの指揮でバロック音楽の知られざる歌劇などを積極的に取り上げており、レパートリーはモーツァルトまで及ぶ。
今村泰典 通奏低音奏者として、チェチーリア・バルトリ、テレサ・ベルガンサ、ジェラール・レーヌ、ジョイス・ディ・ドナート、マルク・ミンコフスキー、ミハエル・シュナイダー、ジャン=クロード・マルゴワール、モーリス・シュテーガー、マルタン・ジェステール、鈴木雅明、アラン・カーティス、ポール・グッドウィン等と共演。
フィリップ・ジャルスキー 自身のグループ、「アンサンブル・アルタセルセ」との音楽活動のほか、指揮者のジャン=クロード・マルゴワールや、ジャン=クリストフ・スピノジ率いる「アンサンブル・マテウス」、ジャン・チュベリ率いる「アンサンブル・ラ・フェニーチェ」、エマニュエル・アイム率いる「ル・コンセール・ダストレー」などとの共演が多い。
ヴェロニク・ジャンス パリ音楽院に学び、在学中に第1等を受賞している。1986年にウィリアム・クリスティとその主宰する「レザール・フロリサン」と共演してデビューし、その後はマルク・ミンコフスキやルネ・ヤーコプス、クリストフ・ルセ、フィリップ・ヘレヴェッヘ、ジャン=クロード・マルゴワールらと共演してきた。
スザンネ・バーナー フルート第一奏者としてオーケストラと共に、ヨーロッパ各国に限らず、アメリカ、中国や日本を含む海外公演多数、日本全国ツアーでは東京サントリーホールにて演奏。ソリストとして、アンドレイ・ボレイコ、カルロス・カルマー、ギュンター・イェナ、クラウス・ペーター・ザイベルやジャン=クロード・マルゴワールなどの有数な指揮者と共演。室内楽作品を西ドイツ放送、北ドイツ放送、ヘッセン州立放送にて収録。自然な高音質に拘り珍しい未収録のレパートリーを専門とする、ドイツの老舗MDGレーベルのゴールドシリーズにてアントニオ・ロセッテイとフリードリヒ・ウィットのフルートコンチェルトを収録。
パトリック・ビスマス チュニスの生まれ。パリ音楽院で、ローラン・シャルミーとジャック・デュモンの各氏にヴァイオリンを師事し、クレール・ベルナール、アルベルト・リジー、ティボール・ヴァルガの各氏にも学んだ。ルイ・ティリーやジャン=クロード・マルゴワールの知己を得て古楽器奏法に通じるようになった。1993年から1998年までパリ音楽院でヴァイオリンの古楽器奏法の講座を受け持ち、その後はヴェルサイユ音楽院などで教鞭をとる。1995年にはアトランティス弦楽四重奏団を結成している。
エクサン・プロヴァンス音楽祭 1982年にルイ・エルロが総監督になると、レパートリーはパーセル、リュリ、カンプラ、ラモー、ヘンデルのバロック・オペラから、ベンジャミン・ブリテンやセルゲイ・プロコフィエフに至る現代オペラにまで拡大した。エルロはモーツァルトの演出も手がけたが、後期の有名なオペラだけでなく初期のオペラも積極的に取り上げた。この頃から、ジョン・エリオット・ガーディナー、ジャン=クロード・マルゴワール、ルネ・ヤーコプス、ウィリアム・クリスティ、マルク・ミンコフスキ、クリストフ・ルセらが活躍するようになった。また、ライヴ録音、テレビ中継も本格化された。