類似の単語または同義語 マリーア

テレーザ    0.778502

ルイサ    0.754620

レオノール    0.752032

エリザベッタ    0.744932

ヴィットーリア    0.742245

エウラリア    0.741140

ダズブルゴ    0.737904

イザベッラ    0.732089

デッラ    0.726535

アデライデ    0.723907

類義語または同義語 マリーア

Article Example
マリーア・デステ 2人は多くの子供をもうけたが、この時代の死亡率は高く、以下の2人だけが成人した。
マリーア・ファルネーゼ 1631年1月11日、パルマにてフランチェスコ1世・デステと結婚した。2人間に以下の9人の子供がいる。
マリーア・ファルネーゼ マリーア・カテリーナ・ファルネーゼ (Maria Caterina Farnese, 1615年2月18日パルマ – 1646年7月25日サッスオーロ)は、モデナ・レッジョ公フランチェスコ1世・デステの妃。パルマ・ピアチェンツァ公ラヌッチョ1世・ファルネーゼとマルゲリータ・アルドブランディーニとの娘。
マリーア・デステ マリーア・デステ (Maria d'Este, 1644年 - 1684年8月20日)は、パルマ公ラヌッチョ2世・ファルネーゼの3番目の妻。モデナ・レッジョ公フランチェスコ1世・デステとパルマ・ピアチェンツァ公ラヌッチョ1世・ファルネーゼの娘マリーア・ファルネーゼとの間に生まれた娘で、ラヌッチョ2世の2番目の妻イザベッラ・デステの妹である。
マリーア・デステ 1666年にイザベッラと死別したラヌッチョ2世はその後、別の従姉妹と結婚することに決めた。1667年の10月16日から23日の間に結婚の話がまとまり、1668年の1月16日に結婚式を行った。
マリーア・デステ マリーアは1684年8月20日にパルマで死去した。
マリーア・ファルネーゼ マリーアは1646年に亡くなり、夫のフランチェスコはその妹ヴィットーリアと結婚したが1649年に死別し、ルクレツィア・バルベリーニと結婚した。
ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティ ビアンカはお飾りの存在ではなく、父フィリッポの正統な後継者として振る舞った。1441年、ビアンカとフランチェスコはヴェネツィア共和国の元首(ドージェ)フランチェスコ・フォスカリに招待されヴェネツィアを訪問した。その後、の客人として夫とリミニへ向かい、1442年にはビアンカはマルケの摂政となった。多くの年代記の記述で、ビアンカの外交手腕と統治者としての能力が残されている。公夫妻の私的な力関係について、フランチェスコは妻ビアンカに対して強い対抗心を抱いていたことが指摘されている。彼が妻以外の女性と通じていたことは事実だからである。ビアンカは常に無関心を装った。しかし1443年、夫の愛妾の一人が失踪し、状況証拠から殺されたと窺える事件が起こっている。フランチェスコが戦いで留守になる間、彼女は公国の事実上の統治者であった。子供たちの教育問題、公国の政治、財政問題、日々の雑事について触れたフランチェスコとの書簡が残っている。文面からは、夫と意見が違ってもためらわないビアンカの独断的な性格が見て取れる。
ビアンカ・マリーア・ヴィスコンティ 1462年にフランチェスコが重病に倒れると、ビアンカが公国の摂政となった。この頃ビアンカを悩ましたのは、素行が悪く残忍な性格の嫡子ガレアッツォであった。1466年3月、フランチェスコが亡くなると、ビアンカはフランス王とともに戦っていたガレアッツォを呼び戻し公位を継承させた。ガレアッツォは母の助言を聞かず、彼女を疎んじるようになり、ビアンカは持参金の一つであったクレモナへ避難せざるをえなかった。この頃、ビアンカは公国の管理をヴェネツィアにゆだねようと考え、しばしばナポリ王フェルディナンド1世と接触していたという。
マリーア・アントーニア・デル・ポルトガッロ マリーア・アントーニア・デル・ポルトガッロ(')またはマリーア・アントーニア・ディ・ブラガンツァ(', 1862年11月28日 - 1959年5月4日)は、パルマ公ロベルト1世の2度目の妃(ただし、マリーア・アントーニアが生まれる以前にパルマ公国は廃されている)。