類似の単語または同義語 ボルンホルム

テーパーラック    0.849398

wilhelmstraße    0.848083

プルーンチット    0.843018

ヤワラー    0.816454

サンクトペテルスブルク    0.812335

ハタール    0.812147

ゾンネンアレー    0.805789

ウィッタユ    0.804275

カヌーサ    0.804105

ウィパーワディー    0.799923

類義語または同義語 ボルンホルム

Article Example
ベルリンSバーン 戦後、ボルンホルム通り駅から環状線のの間に連絡線を敷設。壁建設ではボルンホルム通り駅が東側管轄地域となり駅営業を休止、西側Sバーンは通過扱いとし、東側は西側路線と離れた位置に線路を移設し、路線が分断された。現在は列車線とSバーンの路線別複々線となっている。
ベルリンSバーン 本来、列車線とSバーンの路線別複々線であるが、ボルンホルム通り - ホーエン・ノイエンドルフの間は壁建設で列車線が剥がされたままになっている。
ボルンホルムスガッテト海峡 ボルンホルムスガッテト海峡()は、バルト海西部に浮かぶデンマーク領のボルンホルム島とスカンジナビア半島との間にある海峡である。デンマークとスウェーデンを分ける海の国境線となっている。海峡の北側、スウェーデン沿岸にはが広がっている。
デンマーク 1960年代に到るまでデンマーク鉱業は、石灰石や砂利の生産を主体としていた。最も東に位置するボルンホルム島のカオリンは陶器の原材料として現在でも重用されている。その後、1966年、ユトランド半島で大規模な岩塩鉱床が発見される。
ベルリンSバーン ベルリンとドイツ北部の港町シュトラールズントを結ぶ約220 kmの路線の、ベルリン側約26kmにあたる。ベルリン北部の地区などを経由して、ブランデンブルク州のオラーニエンブルクに至る。1925年6月 - 10月に電化され、電車によるSバーンの運行がはじまった。ボルンホルム通りからシュテティーン線経由で都心方向へ向かう。
ベルリンの壁崩壊 シャボフスキーは記者会見後にベルリン郊外のヴァンドリッツにいた。午後9時にベルリン地区指導部の幹部から電話を受けて、まだ国境検問所が開かれていないことを聞かされて、急ぎボルンホルム通りへ車で向かった。しかし通りが車で溢れかえって検問所に着くのが出来ず、そこでハインリッヒ・ハイネ通りに向かった。シャボフスキーが検問所にやっと到着した時には国境ゲートが開いた後であった。
ベルリンの壁崩壊 ボルンホルム通りの検問所でイエーガーは本部に電話で全員の通過許可の要請を出した。しかし一向に埒が明かない態度に業を煮やし、「信じていただけないなら、この受話器を窓から外に出しますから、騒ぎをご自分でお聞きください。」と言って、窓から外に受話器を出した。再び受話器を耳に当てるとすでに切れていた。
ベルリンの壁崩壊 一方、ベルリン市の中央部にあるチェックポイント・チャーリーでは地下鉄の駅に近いため群衆が続々と集まっていた。但し、これは西ベルリンの市民であり、ここでは東側よりも西側の市民が多数押しかけて、ボルンホルム通りの検問所とは違い、西側市民が境界線を越えようとしたりした。午後8時に検問所の東側出入り口の前には数人が立っていた。
ベルリンの壁崩壊 10時頃にチェックポイント・チャーリーの西側では西ベルリン市民60~70人が検問所の前の白線を超えて前に進んだ。これは明確に「東側への侵入」であり、1961年10月22日の「チェックポイント・チャーリーの対決」ではこの白線を超えたことで揉めた歴史があった。住宅地の近くであったボルンホルム通りと違い、チェックポイント・チャーリーではむしろ西側の住民の方が動きが活発であった。そして10時35分にも約100人が白線を超えたが、警備兵に押し戻された。
ベルリンの壁崩壊 東西ベルリン間の国境検問所は、ボルンホルム通り・ショセー通り・インヴァリーデン通り・フリードリッヒ通り・ハインリッヒハイネ通り・オーバーバウム橋・ゾンネンアレーの7カ所あり、やがて検問所の前に市民が集まり、通過しようとする市民と政府から何も指示されていない国境警備隊との間でこの記者会見でのシャボフスキーの発表を巡りトラブルが起きた。しかもそれは東側だけでなく、西側でも同じで、誰もがテレビで伝えられた「旅行が自由化される」というニュースに驚き、殺到したことで西ベルリン側の検問所も混乱に拍車が掛かった。