類似の単語または同義語 ベナン

ブルキナファソ    0.852398

ブルンジ    0.805874

レソト    0.801187

ギニアビサウ    0.799425

赤道ギニア    0.788163

スワジランド    0.780882

セネガル    0.772260

モーリタニア    0.769944

ギニア    0.762804

トーゴ    0.754536

類義語または同義語 ベナン

Your secret weapon. Online courses as low as $11.99

Article Example
ベナン 1904年、この一帯はフランスの植民地、フランス領西アフリカの一部である、フランス領ダホメ(1904年-1958年)となった。
ベナン 北はニジェール川、南はベニン湾に挟まれており、南から北へ進むに連れて徐々に標高が高くなる。ほとんどの人口は南の海岸平野地帯に集中しており、特にポルトノボとコトヌーがベナン最大の都市である。北部はほとんどがサバンナと半乾燥の高地である。
ベナン 日本との関わりでは、北野武の付き人でタレントで2012年にベナン駐日特命全権大使に就任したゾマホン・ルフィンにより、たけし小学校やアフリカではまだ珍しい日本語学校であるたけし日本語学校が設立されている(2003年9月)。たけし日本語学校は2003年に最初の卒業生ローソン・レオポルトを輩出したのを皮切りに、現在に至るまで多くの卒業生・日本留学生を輩出している。2012年現在の在日ベナン人の多くはこのたけし日本語学校の卒業生である。たけし日本語学校では仮名文字・漢字、書道などが教授されており、初級で日本語能力試験N4、中級で日本語能力試験N2合格を目標として授業が行われている。しかしベナンはもとよりアフリカで最初の日本語教育のみの学校であるため、運営は難航しており、教室などの施設は受講希望者に対して圧倒的に不足しており、数千人の受講希望者が待機している状態となっている。カリキュラムも未だ編成途上であり、上級コースは未だ開設されていない。
ベナン 19世紀に入ってヨーロッパ諸国によるアフリカの本格的な植民地化が進むと奴隷貿易が徐々に廃止され始めたため、ダホメ王国の財政基盤に影響が及んだ。アフリカ分割の中でフランスがダホメ王国に目を付け、及びによって、最終的には1894年にフランスに征服された。
ベナン 1960年に自治共和国からダホメ共和国(1958年-1975年)として独立した。しかし、、ヨルバ人、フォン人などによる民族抗争が続いて政情は動揺し、クーデターも頻発した。1972年の建国後5度目の政変でマチュー・ケレク政権が成立した。
ベナン 1990年に社会主義体制から市場経済体制に移行した後、情勢は安定している。
ベナン 世界屈指の原油埋蔵量を誇るギニア湾に面しているが、油層に恵まれないためか1980年代に小規模な海底油田が開発されて以降、開発は停滞している。石油製品の国内消費量の大部分は、隣国のナイジェリアに頼っている。
ベナン イスラーム教は主にソンガイ帝国とハウサ人の商人によって現在のベナンに相当する地域にもたらされた。現在ではアリボリ県、ボルグー県、ドンガ県などで、ヨルバ人の中で同等に信仰されている(彼等はまたキリスト教を信仰する)。
ベナン ベニン湾に面するウィダーの街はベナンのヴォドゥン信仰の中心となっている。アメリカ大陸で信仰されている黒人宗教として知られているヴードゥー教はダホメ王国のフォン人の信仰が発祥であるとされ、それが奴隷貿易の広がりやハイチ革命後のハイチ人(マルーン)の移動とともに西インド諸島のハイチ、キューバ、ブラジル、北アメリカへと広がったと言われている。1992年よりヴォドゥンはベナンの国教となり、毎年1月10日は国を挙げてのヴォドゥン休日となっている。
ベナン 初等教育の6年間と前期中等教育の4年間は法制上義務教育となっており、近年公立学校の授業料が無料化されたことから就学率は上昇に転じているものの、未だ子供は重要な労働力であると共に学校自体が無い地域も多い為、高度な義務教育は達成されていない。教育は主にフランス語で行われる。2002年のセンサスによれば、15歳以上の国民の識字率は34.7%(男性47.9%、女性23.3%)である。