類似の単語または同義語 ブルキナファソ

ベナン    0.852398

セネガル    0.827737

モーリタニア    0.816564

ギニアビサウ    0.815804

レソト    0.804864

ブルンジ    0.804392

コートジボワール    0.802735

赤道ギニア    0.795108

アビジャン    0.789598

スワジランド    0.788927

類義語または同義語 ブルキナファソ

Article Example
ブルキナファソ フランス語・英語による正式国名は"Burkina Faso"。ブルキナ共和国(Republic of Burkina)と表記する場合もある。
ブルキナファソ ブルキナファソはかつて1973年9月から中華人民共和国と国交を持っていたが、1994年2月からは中華民国(台湾)を承認している。中華民国を承認している国家の中では、ブルキナファソは人口規模で最大である(面積規模だとパラグアイが最大となる)。中華人民共和国から、500億ドルの供与を条件に台湾との断交を持ちかけられたが、断っている。
ブルキナファソ 2015年8月、前年より練習生として四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスに所属していたサンホ・ラシィナが高知球団と選手契約を結び、ブルキナファソで初めてプロリーグに所属する野球選手となった。
ブルキナファソ IMFの推計によると、2013年のブルキナファソのGDPは120億ドルである。一人当たりのGDPでは711ドルとなり、隣国のガーナやコートジボワールと比べると半分ほどで、世界平均の10%未満の水準にある。
ブルキナファソ 1969年以降、首都のワガドゥグーではアフリカ最大の映画祭の一つであるワガドゥグ全アフリカ映画祭 (Festival panafricain du cinéma et de la télévision de Ouagadougou,FESPACO) が開催されている。
ブルキナファソ ブルキナファソ()は、西アフリカに位置する共和制国家。北にマリ、東にニジェール、南東にベナン、トーゴ、南にガーナ、南西にコートジボワールと国境を接する内陸国である。首都はワガドゥグー。
ブルキナファソ 国名のブルキナはモシ語で「高潔な人」、ファソはジュラ語で「祖国」を意味する。
ブルキナファソ 11世紀、ワガドゥグーにモシ人の都市王国、ワガドゥグー王国(Ouagadougou)が成立し、その後は分裂、独立を繰り返した。
ブルキナファソ 1884年から1885年にかけて開催されたベルリン会議 (アフリカ分割)でヨーロッパ列強諸国がアフリカ分割の動きを強めると、西アフリカにはフランスが進出し、1896年にワガドゥグーにあったモシ王国がフランスの保護領となった。1898年には現在のブルキナファソに相当する領域全体がフランス保護下に入り、1904年に周辺諸国と共にセネガルのダカールを中心とする広大なフランス領西アフリカの一部としてフランス植民地帝国を構成した。
ブルキナファソ 1983年にブレーズ・コンパオレによるオートボルタ時代最後のクーデターが起こり、ジャン=バプティスト・ウエドラオゴ大統領は失脚、かつて首相でありながらも失脚していたトーマス・サンカラが大統領に就任した。サンカラは社会民主主義、革命的民主主義を掲げて社会主義路線を推進し、ブルジョワジーや伝統的首長、イスラームのマラブー(聖人)と対抗しながら、女性の地位向上、識字運動、福祉の向上などを図り、旧宗主国のフランスや領土問題を抱えていた隣国のマリ共和国と対立する一方で、キューバ、リビア、アンゴラ、モザンビーク、北朝鮮、ベナンなどの社会主義国と友好関係を築いた。1984年8月にサンカラは革命事業の一環として国名を「オート・ボルタ共和国」(「ヴォルタ川の上流の共和国」の意)から現在の「ブルキナ・ファソ」(「清廉潔白な人たちの国」の意)に変更し、自ら新国歌「ある一夜」の作詞もした。サンカラへの支持は国民からも高く、「アフリカのチェ・ゲバラ」の異名を取ったカリスマ的な政治家だった。サンカラ政権下の1985年に、ブルキナファソは()にてマリ共和国と交戦した。