類似の単語または同義語 ブリュッケン

wilhelmstraße    0.819857

bovenden    0.817325

ウィパーワディー    0.800914

bürgstadt    0.798100

リューダー    0.796251

グラスヒュッテン    0.795106

ゾンネンアレー    0.792880

ゼルタース    0.792599

eisingen    0.792119

stadtsteinach    0.791998

類義語または同義語 ブリュッケン

Article Example
イエス、わが喜び 典型的なABCDCBAのブリュッケン・フォルム「橋型形式」である。
リバーパーク犬飼 また、レジャー施設としては、テニスコート、パットゴルフ場、ログハウス(バンガロー)などがあり、広い芝生広場にはデンマーク製のコンビネーション遊具「ブリュッケン城」が設置されている。
ミュールハイム・アム・マイン ミュールハイム (Mühlheim) という地名は、かつてローダウ川やビーバー川の畔に10基の水車 (Mühle) があったことに由来する。現在は、ブリュッケン・ミューレ 1基だけ遺っている。この水車小屋は、聖霊降臨祭の月曜日(ドイツ水車の日)に見学することができる。
メムブリス ヘッセン州は、以前、この市場町に突き出していた。2007年、バイエルン州とヘッセン州との間で約 10 ha の土地の交換協定が締結され、2011年7月1日に発効した。これによりバイエルン州の面積は約 1.77 ha 縮小した。それまでの州境は、FV ヴィクトリア 1930 e.V. ブリュッケンのクラブハウスを横切っていた。また、州道2305号線はニーダーシュタインバッハ付近で短い区間州境をなしており、わずかだがヘッセン州側を通る箇所(ヘッセンカーブ)がある。
アンスバッハ この街は、プラスチック加工業(Oechsler AGなど)と自動車部品の下請け業(Boschなど)で知られている。PIGROL Farben GmbHは、2002年にKULBA BAUCHEMIEを獲得した、有名な木材あるいは建築塗装・被覆材の製造業者である。アイプ地区には、水量計や温度計メーカーとして有名なHYDROMETER GmbHの本社が置かれている。アンスバッハには多くの小売業者がある。その代表格が、旧市街にある"PRO City"である。また、旧市街の北西に1997年ショッピングセンターのブリュッケン・センターがオープンした。
ヴィンツバッハ この街にはかつて、5本の塔を持つ市壁が巡らされていたが、現在では上の門(シュヴァーバッハ門)と下の門(ブリュッケン門)および壁の一部が遺されているだけである。市塔(12世紀)の周辺に第2のすばらしい防衛施設であるアムツブルクが見て取れる。教会広場にも第3の防衛施設である城塞教会がある。市教会の聖マルガレータ教会(1730年建設)は800年頃に建設された教会の跡に建てられたものである。
ラウフェン・アム・ネッカー 1944年4月13日、連合国軍の爆撃隊は、第一目標のニュルンベルクも、第二目標のシュトゥットガルトも厚い雲に閉ざされていたため攻撃を果たせなかった。帰還する途中で、ドイツ国防軍戦闘機部隊の攻撃を受け、爆弾の緊急投下を余儀なくされた。この爆弾投下による被害は部分的で、それほど大きなものではなかった。爆弾の多くは野原やネッカー川に落ちたのだが、それでもゾンネン通り、ブリュッケン通り、旧墓地、セメント工場やマルティン教会の周辺に落ちたものもあり、59人が亡くなった。死者の中には強制労働者もいた。当時の市長は、空襲警報を発令しなかったとして批判された。爆撃隊の最も近い第二目標として、ヴュルテンベルク北部、ヘッセン、ルール地方が考えられたからである。通常であれば、爆弾を積んだまま航空基地へ帰還することは、燃料の都合上あり得なかった。ラウフェンへの爆撃は大都市のための捨て駒と見なされたのである。