類似の単語または同義語 ブドー

イリエス    0.619106

妖帝    0.614689

デスコーピオン    0.596490

アシェリート    0.588458

テスタロス    0.569278

ヘルマティオ    0.569254

エイシンバーリン    0.568414

ヴァトラス    0.568132

モラクス    0.566451

ビハインドザマスク    0.564629

類義語または同義語 ブドー

Article Example
ネプチューン・キング ネプチューン・キングは、ゆでたまごの漫画『キン肉マン』およびその続編『キン肉マンII世』に登場する架空の人物。またその変装であるビッグ・ザ・武道(ビッグ・ザ・ブドー)についても解説。
星獣戦隊ギンガマン 敵組織バルバンの声優陣も、ゼイハブ役の柴田秀勝を始め、サンバッシュ役の檜山修之、ブドー役の林一夫、バットバス役の渡部猛など、過去の戦隊作品で幹部級のキャラクターを演じた人物が多数キャスティングされる形となった。
オルセオロ・ペーテル 1041年、ペーテルは伯父の未亡人ギーゼラの所領を没収し、前王妃に代わって仲裁しようとした2人の司教らを逮捕した。これらの行いが、彼に対抗する宮廷内の違う派閥の者らが集まって陰謀を企む結果となった。陰謀で、王の重臣の一人ブドーが殺された。その後すぐ、ペーテルは義弟であるオーストリア辺境伯アーダルベルトの宮廷へ逃げることを余儀なくされた。彼の逃亡後、陰謀の首謀者らはイシュトヴァーン1世の義弟アバ・シャームエル(イシュトヴァーンの妹ギーゼラを妻とする)を王に据えた。
1985年オーストリア産ワインジエチレングリコール混入事件 8月29日、食品検査機関である日本食品衛生協会は、購入者が持ち込んだワインからDEGが検出されたと発表した。マンズワイン株式会社(以下、マンズ社)製造の「マンズエステート貴腐ワイン78年産」720ml入と「エステート氷菓ブドー吟醸」180ml入で、前者はマンズ社20周年記念として流通業界に300本が配布され、その後3000本が販売された。検出量は1リットル当たり1.216グラム。後者は頒布会で5万本が販売され、検出量は同1.779グラム。いずれもオーストリアのセイントハーレー社で原液が生産され、マンズ社の山梨県内のワイナリーでボトリングされたものである。マンズ社は9月2日より全製品の出荷停止に踏み切った。8月初めに輸入元の三菱商事からマンズ社に対し原酒の引き取りの申し出があったことから、その時点で混入があったことを認識していたとみられている。9月8日、厚生省は4段階の検査基準をクリアした製品に安全シールを貼ることとし、マンズ社以外の国産ワインは安全として出荷を許可した。その後の調べでマンズ社は山梨県の検査をすり抜けるため自主的な検査を行い、ハーレー社からの輸入樽詰原酒を浄化槽に廃棄していたことが発覚した。この責任をとり、マンズ社の茂木七左衛門社長は9月14日付を持って辞任した。山梨県は9月18日より食品衛生法6条に基づき、マンズ社の勝沼ワイナリーの原料処理を除く全部門の営業禁止を命じた。最終的に、マンズ社のDEG混入ワインは7銘柄、38万本に及んだが、回収・廃棄されたのは32,560本に過ぎず、未回収の34万7千本あまりはすでに飲まれてしまったものと見られている。マンズ社の営業禁止処分は11月12日で解除されたものの、この事件の打撃は大きく国産ワインのシェアをメルシャンに奪われることとなってしまった。