類似の単語または同義語 フォブール

アルフォールヴィル    0.805085

トゥルニー    0.804295

ヤワラー    0.792301

ミロメニル    0.787952

プルーンチット    0.787763

サノワ    0.785920

ビュイニー    0.784011

boissy    0.781031

ヴィルモンブル    0.777911

ゾンネンアレー    0.775323

類義語または同義語 フォブール

Article Example
ブガッティ・ヴェイロン 2008年3月4日、ジュネーヴモーターショーにて発表されたエルメス仕様モデル。Fbgとはエルメス本社の住所「rue du Faubourg Saint-Honoré(フォブール・サン=トノレ通り)」の「フォブール」("Faubourg" )から来ている。
ベルヴィル駅 ベルヴィル駅は、パリの地下鉄メトロの駅。2号線と11号線が利用可能である。パリ東部の10区、11区、19区及び20区の境界にあり、ベルヴィル大通り、ベルヴィル通り、フォブール=デュ=タンプル通り、ラ・ヴィレット大通りの交差点に位置している。
壁紙博物館 壁紙博物館(かべがみはくぶつかん、Musée du Papier Peint)は、フランスのアルザス地域圏ミュルーズ近郊のにある博物館。かつてのリークスエムはパリのフォブール・サン・タントワーヌと並ぶ壁紙の名産地として知られていた。
ポール・ガシェ 同じ1863年、フォブール・サン=ドニ通りに診療所を移転した。ここでは、精神病の温浴療法のほか、ホメオパシーや電気療法などを行った。1868年、彼が40歳の時、商人の娘ブランシュ・エリザベス・カステ (Blanche Elisabeth Castets) と結婚した。1969年、長女マルグリットが誕生する。
C・オーギュスト・デュパン 五等勲爵士。フランスの名門貴族で、騎士(chevalier)であったが、いくつかの不幸な事件により財産をなくす。パリ郊外サン・ジェルマンの辺鄙な淋しいところ(パリ市、フォブール、サンジェルマン・デュノ街33番地)にある崩れかけた古い怪しげな館に、事件の記述者である「私」と同居。
11区 (パリ) 北は、同じパリの行政区である10区に接しており、北西の角はレピュブリック広場となっている。南は、西のバスティーユ広場から東のナシオン広場付近を結ぶフォブール・サンタントワーヌ通りを境界として、12区に接している。東は20区に接している。西は3区に接し、南西の一部は4区に接している。
ル・マレ 貴族がフォブール・サンジェルマンへ移動し始めた後に、マレ地区はパリの主要なユダヤ人社会を抱える、活発で人気のある商業地域となった。19世紀から20世紀前半の間、プレッツルと呼ばれたロジエ通り付近の地区は多くの東欧系ユダヤ人(アシュケナジム)を迎え入れ、彼らによってマレ地区の服飾業への特化が加速した。しかし、第二次世界大戦の間、ユダヤ人社会はフランスを占領していたナチス・ドイツによって攻撃の対象とされた。
ダロワイヨ その後、フランス革命が起き、社会は壊滅して、ダロワイヨは食膳係の地位を追われることになる。シャルルの子孫であるジャン・バティスト・ダロワイヨは来たるべき社会の変革と動向を感じとって、ダロワイヨ一族の物語を守り続け、1802年にパリで最初の「美食の館 ダロワイヨ」を創業した。彼は、美食に関する全ての活動をまとめ、当時の貴族が行っていたのと同様に、新興のブルジョワジーも家庭でもパーティを開けるように、調理済みの食品を提供した。彼は、パリのフォブール・サント・ノーレ通り()に店舗を設けたが、そこは今なおダロワイヨの本店となっている。
女は女である ゴダールの長篇劇映画第3作である。女優のジュヌヴィエーヴ・クリュニーの話をもとにゴダールが脚本を書き、ジャック・ドゥミのミュージカル映画『ローラ』(1961年)のスコアを書いたばかりのミシェル・ルグランがスコアを書きおろした、ゴダールのミュージカル・コメディ第1作、『小さな兵隊』(1960年)についでアンナ・カリーナが出演したゴダール作品の第2作、カリーナとの結婚後第1作、ゴダールのカラー映画第1作でもある。フランスの首都パリ市内、フォブール=サン=ドニ街、サン=ドニ門等で撮影された。現在もサン=ドニ街はセックスショップの立ち並ぶ通りであるが、通過する程度だったら問題はない。