類似の単語または同義語 フアン

ホセ    0.836409

ミゲル    0.823117

イグナシオ    0.819169

フェルナンド    0.801487

マヌエル    0.790363

アグスティン    0.786341

エンリケ    0.782643

カルロス    0.780177

ヘスス    0.764934

ビセンテ    0.761594

類義語または同義語 フアン

Article Example
フアン フアン(、 フワン)またはファンは、ヨハネに由来するスペイン語の男性名。女性名としてフアナ(Juana)がある。
フアン・ペロン 大統領に3回当選したが、独裁者と呼ばれたこともあり、アルゼンチン国内でもその評価は分かれる。ペロンの支援者「ペロニスタ」が母体となった正義党は、現在でも同国内で大きな影響力を持っている。
フアン・ペロン アルゼンチンは第二次世界大戦には大勢が決した1945年まで参戦せず、大戦中はほぼ一貫して親枢軸的中立国であったが、戦前よりアルゼンチンにとって最大の外貨獲得源であったアメリカ合衆国の圧力に屈して日本とドイツと断交したことをきっかけにラミレスが失脚し、1944年にペロンの友人のエデルミロ・ファーレルが大統領に就任すると、ペロンは陸軍大臣と副大統領に就任した。
フアン・ペロン しかし親ペロン派の軍人たちや、ペロン支持を決議したCGTのゼネスト、そしてペロンの釈放を求めて五月広場に大挙した労働者達による後押しを受けて、後に2番目の妻になる元女優のエバ・ペロン(エビータ)が、国民にラジオでペロンの釈放を訴えたことなどによりクーデターは数日間で失敗、釈放された。
フアン・ペロン ペロンは1946年に大統領に当選した。大統領就任後は、労働組合の保護や労働者の賃上げ、女性参政権の実現、イギリス系、アメリカ系などの外資系企業の国営化、貿易の国家統制などの政策を推し進め、労働者層から圧倒的な支持を受けるが、一方で独裁政権を敷き反対派は強制収容所に投獄した。この政策から「左翼ファシスト」と一部では評される。
フアン・ペロン 民族主義に基づく民族資本産業の育成、外国資本の排除(アルゼンチン国内のイギリス系鉄道の国有化やアメリカ企業の国有化等)など、ファシズムに共通する点が見受けられるが、ファシズムか否かでは論議が分かれる。また、ポピュリズム的傾向も見られる。なお、第二次世界大戦中に友好国であったドイツが行っていたユダヤ人に対する迫害には、毅然と反対した。
フアン・ペロン しかし、カンポラの就任直後からペロニスタ内部での左派と右派の抗争が激化し、ペロンの帰国を歓迎する空港での集会で両派が死者を出す事態に発展すると、唯一全ペロニスタを統率できる人物として、再びペロン本人が脚光を浴びることとなった。
フアン・フェリシアーノ 150km/hを超すストレートが持ち味で、ロビンソン・チェコの再来と期待された。ファームでは安定感抜群の投球をするも、一軍では良い成績を残せなかった。2006年12月1日、自由契約となり退団。因みに応援コールは「フェリー」だった。
フアン・フェリシアーノ 2007年は、イスラエル野球リーグのベト・シェメシュ・ブルーソックスでプレー。
フアン・フォルリン フアン・ダニエル・フォルリン(Juan Daniel Forlín, 1988年1月10日 - )は、アルゼンチン・サンタフェ州出身のサッカー選手。リーガMX・ケレタロFC所属。ポジションはディフェンダー(センターバック)。