類似の単語または同義語 ピラール

エレーラ    0.796356

ジュゼップ    0.789945

アグスティン    0.788890

ビジャヌエバ    0.788621

サンブラーノ    0.787862

イグナシオ    0.771281

ゴンサーレス    0.769518

マリアーノ    0.767272

エレディア    0.763915

ヘロニモ    0.763763

類義語または同義語 ピラール

Article Example
ピラール ピラール(Pilar)は、スペイン語圏、ポルトガル語の女性名、また姓。原義は「柱」で、ピラールの聖母にちなんで人名に用いられるようになった。
ピラール・ローレンガー 1966年と1970年にベルリン・ドイツ・オペラと共に来日、魔笛のパミーナ、椿姫のヴィオレッタ、ファルスタッフのアリーチェ、ローエングリンでエルザを演じ日本でも広く知られるようになる。1987年のベルリン・ドイツ・オペラに於けるジョーン・デューの新演出マイヤベーアの歌劇『ユグノー教徒』への出演を機会にステージからは遠ざかり、1991年にスペインのアストゥリアス州 オヴィエドにあるカンポ・アモール劇場でのコンサートを最後に引退した。
ピラール・ロルダン 地元開催となった1968年のメキシコシティオリンピック女子フルーレ種目に代表として出場し、個人決勝でソビエト連邦のエレナ・ノヴィコワ=ベロワに敗れはしたものの銀メダルを獲得した。団体では予選で敗退している。
ピラール・ローレンガー 1996年に乳癌のためベルリン市内で逝去。
ピラール・ローレンガー また、1960年代中半からはイタリアオペラのドラマティックヒロインにも取り組んだ。
ピラール・ローレンガー サルスエラ作品のデュエットコンサートを行ない、サルスエラというジャンルを世に再認識させた功績を挙げておく。
ピラール・ロルダン マリア・デル・ピラール・ロルダン・タピア(Maria del Pilar Roldán Tapia、1939年11月18日 – )は、メキシコ、メキシコシティ出身の女子フェンシング選手。
ピラール・ローレンガー 取り分けモーツァルトの作品に注力し、様々な演出や独・伊・仏語でも歌唱していた。
ピラール・ローレンガー 『ドン・ジョバンニ』ドンナ・アンナ、ドンナ・エルヴィーラ/『魔笛』パミーナ
ピラール・ロルダン 1956年メルボルンオリンピックに17歳で出場し6位決定戦敗退。1960年2度目のオリンピックとなるローマオリンピックでは7位となった。