類似の単語または同義語 ビジャ

エレーラ    0.839758

パルケ    0.834622

ビジャヌエバ    0.828378

アベジャネーダ    0.821409

リバス    0.820516

シウダ    0.811954

ヘスス    0.809240

エレファンテス    0.808370

リンコン    0.807378

サンティアーゴ    0.806451

類義語または同義語 ビジャ

Article Example
ビジャ・カナレス 街の住人は主にコーヒー、サトウキビ、パイナップルの栽培で生計を立ててきた。近年はグアテマラ県の主要な都市として成長と発展を遂げており、市街地には銀行や病院、ショッピングセンターといった重要な施設が存在する。
ビジャ・カナレス 1912年5月4日、政府の命令によってSanta Inés Petapa(サンタ・イネス・ペタパ)がPueblo Viejo(プエブロ・ビエホ)へと移された。同年6月3日、プエブロ・ビエホは基礎自治体 (municipio)となる。1915年9月23日、名称をSan Joaquín Villa Canales(サン・ホアキン・ビジャ・カナレス)に変更し、更に1921年5月7日に現在のVilla Canales(ビジャ・カナレス)となった。
ビジャ・アレマーナ 1894年11月8日、ビーニャ・ミラフローレス(Viña Miraflores)の名前で創設された。ドン・ブエナベントゥーラ・ホグラール(Don Buenaventura Joglar)によって所有されていた。彼は所有していた土地を区分けし、ビジャ・アレマーナと名づけた。
ダビド・ビジャ ヒホンが財政難に陥っていたこと、プリメーラ・ディビシオン(1部)に2シーズン振りに昇格したサラゴサがストライカーを探していたことから、2003年夏に移籍金約300万ユーロでサラゴサに移籍した。デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でデビューし、レアル・ムルシア戦でプリメーラ初得点を決めた。2003年12月4日のビルバオ戦では2得点し、2004年4月25日のセビージャ戦ではチームの全4得点を一人で叩き出した。初体験のプリメーラでも通用することを示し、2003-04シーズンは計16ゴールを決めた。このシーズンのコパ・デル・レイでは決勝まで勝ち進み、レアル・マドリードを3-2で破って3年ぶりの優勝を果たした。サラゴサのファンは「¡Illa, illa, illa, Villa maravilla!(イジャ、イジャ、イジャ、ビジャ・マラビージャ)」(maravillaは「驚くべき」「素晴らしい」の意)というイムノHimno(チャント)を歌った。
ダビド・ビジャ 2009年6月1日、FIFAコンフェデレーションズカップに出場するメンバーに選ばれた。大会直前の6月9日に行われたアゼルバイジャンとの親善試合では、1年前のロシア戦に続いて2度目のハットトリックを達成した。本大会のグループリーグ、ニュージーランド戦、イラク戦と2戦連続ゴールして迎えた南アフリカ戦ではPKを外したが、プレーが再開されると1分も経たないうちにネットを揺らした。アメリカ戦に敗れて敗退したため、得点ランク3位に終わったが、スペイン代表の連続勝利記録と連続不敗記録の更新に貢献した。
ビジャ・デボート 以下の人物はビジャ・デボート地区に居住していた経験がある。
ビジャ・メルセデス ビジャ・メルセデス(Villa Mercedes)は、アルゼンチンのサン・ルイス州の中央部東側にある都市。ヘネラル・ペデルネーラ・デパルタメントに属する。2001年の国勢調査による人口は96,781人である。
ビジャ・メルセデス 1856年12月1日頃、フスト・ダラクト知事によってフォルティン・コンスティトゥシオナルという町が建設された。この町は民間・軍事共用の駐屯地であり、先住民のの襲撃(Malón)から領土を守るためのものだった。1861年、聖母マリア(英語 : Virgin of Mercy、スペイン語 : Virgen de las Mercedes)を守護者として受け入れていた住民の決定によって、町の名称がビジャ・メルセデスに変更された。1875年には、サンタフェ州・ロサリオとコルドバ州・コルドバを結んでいたセントラル・アルゼンチン鉄道が、中間点のからリオ・クアルトを通ってビジャ・メルセデスまで延伸し、町は急速に成長した。国有のアンディーノ鉄道会社が設立され、1885年にはビジャ・メルセデスからサン・フアン州・サン・フアンとメンドーサ州・メンドーサまで鉄道線が延びた。ビジャ・メルセデスからメンドーサまでの路線は、首都ブエノスアイレスからアルゼンチン=チリ国境へ向かう経路の中間部分となり、1887年にはアルゼンチン・グレート・ウェスタン鉄道によって買収され、やがてブエノスアイレス・太平洋鉄道の路線網の一部となった。1896年には公式に市を宣言した。現在はサン・ルイス州内で2番目に大きな都市であり、州内の工業と教育の中心地である。市内には国立サン・ルイス大学があり、がある。
ビジャ・ヌエバ ビジャ・ヌエバ(スペイン語:Villa Nueva)は、グアテマラのグアテマラ県の都市。
ビジャ・ヌエバ 2016年の人口は48万9000人で、国内2位。