類似の単語または同義語 パーマストンノース

タウランガ    0.801221

ファンガレイ    0.794241

クライストチャーチ    0.791169

クイーンズタウン    0.781343

ロトルア    0.772104

タウンズビル    0.752844

ウロンゴン    0.751166

インバーカーギル    0.751002

ブリスベーン    0.728812

ベンディゴ    0.724683

類義語または同義語 パーマストンノース

Article Example
パーマストンノース 首都ウェリントンから約200キロ北に位置する学生の街でもある。マナワツ・ワンガヌイ地方の中心の都市である。ニュージーランドで11番目に大きい面積で、7番目の人口をもつ市である。人口の多くは、マッセー大学、UCOLもしくは、インターナショナル・パシフィック・カレッジの学生が大きな割合を占めている。
パーマストンノース パーマストンノース(、)は、ニュージーランド北島にある都市。日本ではパーマストン・ノースとも表記される。
パーマストンノース 市街にパーマストンノース空港がある。
パーマストンノース パーマストンノースは教育面で知られている町で、レジャー面ではあまりない。学生の出入りが多い町である。
パーマストンノース マオリ語では、パムタナ(Pamutana)という。しかし、パムタナと呼ぶ事は少なくパパイオエア(Papaioea)と呼ばれる。パパイオエアの意味は、なんて美しい!(How beautiful it is!)である。
パーマストンノース エスプラナーデは休日は家族ずれでにぎわう公園である。ブランコや滑り台、アスレチックが多数設置されている。また、ガス式のBBQセットも2つ設置されていて開園時であれば誰でも自由に使う事が出来る。また、バラ園、子供用プールやカフェなどもある。バラ園、子供用プールの使用はもちろん無料である。
パーマストンノース もともとの名前は、19世紀半ばのイギリス首相のパーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプルにちなみ名付けられた。しかし1971年、パーマストンという地名は南島にも存在したため、区別するためノース(北島)が付け加えられた。
パーマストンノース 町の中心にある正方形の公園。真ん中に時計台があり夜はライトアップされる。スクエアを囲むように、お店が存在する。
パーマストンノース 降水量は冬から春にかけて多く、ニュージーランドでは平均的な量である。夏は晴れが多いが、冬は雨が多く曇りがちになる。
パーマストンノース マナワツ地区を流れる川。マナワツゴージュという渓谷が隣町のウッドビルに行く途中にある。