類似の単語または同義語 パソコン

ワープロ    0.683567

マイコン    0.664794

パーソナルコンピュータ    0.660755

コンピュータ    0.657346

pda    0.647514

コンピューター    0.638016

電卓    0.634055

タブレット    0.609840

pc    0.607476

ポケコン    0.582695

類義語または同義語 パソコン

Article Example
パソコン PCが存在しなかった時代には、眼や視覚を長時間、過度に酷使するような作業環境は特殊な職業を除いてあまり存在しなかったが、現代ではほとんどの企業の事務所内においてPCによって事務作業を行うことが主流となり、PCがこれらの作業者の健康に与える悪影響が顕在化するようになった。このようなPCを用いた事務作業によって、眼や視覚神経に与える直接的な負担や、手や肩、腰への負担に加えて、単調な作業でありながら誤りが許されない精神的な負担といった、身心への複合的な影響から生じる諸症状をまとめて「パソコン病」、または「パソコン・デスクワーク症候群」と呼ばれることがある。関連する同様の症状に、VDT症候群やテクノストレスがある。
ASAHIパソコン また、ASAHIパソコンの読者向けパソコン通信サービスとして「ASAHIパソコンネット」を1988年に開始、これが商用パソコン通信サービスを経て現在のインターネットサービスプロバイダ「ASAHIネット」の原形となった。
ホワイトボックス (パソコン) ホワイトボックス(英語:"White Box")とは、特定のブランドを持たないノーブランドパソコンや、卸売業者や販売店、ソリューションプロバイダーなどが自社のブランドをつけて販売するプライベートブランドパソコンやショップブランドパソコンのことである。広義にはナショナルブランド以外の中小零細企業が組立・販売しているパソコンの総称であり、狭義にはデスクトップパソコン型のホワイトボックスを指す。
ホワイトボックス (パソコン) なおノートパソコンをホワイトブック、タブレット型パソコンをホワイトボックスタブレットと呼ぶこともある。またホワイトボックスを組み立てるメーカーのことをホワイトボックスビルダーやシステムビルダーと呼ぶこともある。
ホワイトボックス (パソコン) 、受注生産で組み立てたパソコンである。一方、大手家電メーカーなどのナショナルブランドは部品メーカーと直接交渉(ダイレクトOEM)して専用部品や汎用部品を調達し、見込み生産で組み立てたパソコンである。ホワイトボックスの方が製造のリードタイムや納期、部品調達の柔軟性に優れており、在庫が発生しない。また、ホワイトボックスはパーツ単位まで分解して切り分けるとほぼ全てが汎用部品やベアボーンなどの既製品やパーツメーカーが業務用向けモデルとして設計・製造した汎用パーツで、これをベースとして組み立てられていることも特徴で、大半の製品の構造は同様に汎用部品を使用して組み立てる自作パソコンに似通っている。製品の企画・開発の部門もいわばパソコン組立業のそれに特化したものになっているため、設計や検証などの部門は省略ないし大幅に簡略化しており、専門知識や技術を持つ高度な専門職の雇用も最小限度で済ませ、ナショナルブランドと比べれば人件費やトータルコストを大幅に圧縮している。これがホワイトボックス・メーカーの価格競争力の根源である。
ホワイトボックス (パソコン) 2000年代以降、日本のホワイトボックス・メーカーのトップ企業の生産規模は拡大し、一社で数十万台/年に及ぶものも現れた。これはナショナルブランドの下位グループに続くスケールであり、マイクロソフトや大手パーツメーカーが特定の大口取引者として何らかのプレミアを付与しているメーカーも日本国内に複数存在する。売上高は数百億円規模で上場して資金調達をしたり、企業グループを形成してサプライチェーン・マネジメントで経費を削減しており、かつての牧歌的な家内工業の時代とは別次元の競争になっているが、その反面でパソコン自体の生活家電化が並行して進み、また海外のパーツメーカーのホワイトボックスの日本市場への参入も相次ぎ、国内の既存各社はいずれも販売数量や利益率の向上などに頭を悩ませている一面がある。
ホワイトボックス (パソコン) 一般にホワイトボックスでは大手電機メーカーのナショナルブランドが付けられた製品よりも低価格に設定されており、また低価格による競争力を確保しなければ立ち行かない。そのため、製造・物流やこれにまつわる各種人件費などのコストの削減はメーカーにとって重要な要素であり徹底される。メーカー各社は部品の共同購買の仕組みを作ったり、メーカー同士で合併したりしている。2007年にはMCJ(マウスコンピューター)の傘下にユニットコムが入り、両社で日本のホワイトボックス市場のシェアの過半数を超えた(自称)。またパソコンの部品は陳腐化が激しく月に平均6%~10%、最悪で30%も価格が下がり損が出るので、受注情報を10分単位で部品商社と共有するITシステムを構築する企業もある。
ホワイトボックス (パソコン) 中国では組立パソコン市場に陰りが出て始めた。メーカー製パソコンの価格が5万円台まで下落し、共働きの大家族なら月収で購入できる金額になった。しかし、中国人にとってのパソコンはステータスシンボルという一面もあり、ホワイトボックスパソコンはメーカーブランドの製品よりも一段格下に見られる風潮があり、結局はあらゆるジャンルのパソコンで元IBMのレノボにばかり圧倒的な注目が集まる状況になっている。違法コピーの蔓延(78%)は未だ深刻であり、販売規模が大きいだけに損害額も世界第2位と巨額ではあるが、率だけで見ればトップ10圏外に出た(2010年)。もっとも、パソコンの売れ行き自体は好調であり、2011年にアメリカを抜いて世界第一位のパソコン市場になった。
ホワイトボックス (パソコン) 2007年当時はこれ以外に工人舎、ピーシーデポコーポレーション、ソルダムなども大手だったと言われる。この他にエプソンダイレクトなどがある。
ホワイトボックス (パソコン) 低価格化を推し進めたのは、小売業者である。例えばは「サブ500ドルPC」で名を馳せた。このPCは台湾メーカーに格安のマザーボードを作らせ、国内業者に組み立てさせたホワイトボックスであり、自社ブランドをつけて販売した。小売業者にとって格安パソコンは薄利多売だが、ユーザー層が広がったことで売り方次第では売り上げを伸ばすことが出来る商材になった。ホワイトボックスは米国内で640万ユニットが販売され、最大手のコンパックよりも多く売れた