類似の単語または同義語 ヌルスルタン

ナザルバエフ    0.913819

イルハム    0.809473

ブーテフリカ    0.797483

サパルムラト    0.777372

ニヤゾフ    0.777275

チェチェン共和国    0.753646

メドヴェージェフ    0.753057

エルドアン    0.749231

アンターナス    0.748946

ラムザン    0.748174

類義語または同義語 ヌルスルタン

Your secret weapon. Online courses as low as $11.99

Article Example
ヌルスルタン・ナザルバエフ カザフ国立大学名誉教授、国際技術アカデミー会員、ロシア連邦社会科学アカデミー会員、カザフスタン科学アカデミー会員、国際情報化アカデミー会員、国際技術科学アカデミー会員。北京大学より名誉博士号(2002年)。
ヌルスルタン・ナザルバエフ ユーラシア主義の推進者であり、ユーラシア運河やユーラシア連合を提案したり、ユーラシア国立大学、ユーラシア・フォーラム、ユーラシア文化財団、ユーラシア開発銀行、ユーラシア銀行などがカザフスタンで設立されている。ユーラシア経済共同体やユーラシア経済連合の創設条約は何れもカザフスタンで調印されている。イスラム教徒でありながらイスラエルと強い繋がりを有し、また、貧困国から急成長した韓国を見習うことで経済発展を成し遂げようという信念の持ち主とされる。
ヌルスルタン・ナザルバエフ ドニエプロジェルジンスキー工業学校(1960年)、カラガンダ冶金コンビナート附属工業大学(1967年)、ソ連共産党中央委員会附属高等党学校(1976年、通信教育)を卒業。経済科学博士。
ヌルスルタン・ナザルバエフ アルマトイ州カスケレンスキー地区チェモルガン村出身。妻・サラ、3女(ダリガ、ディナラ、アリヤ)、3人の孫を有する。孫のアイスルタンは、イギリスのサンドハースト王立陸軍士官学校を優等で卒業し、カザフスタン共和国軍に入隊。
ヌルスルタン・ナザルバエフ ヌルスルタン・アビシュリ・ナザルバエフ(ナザルバーエフ、カザフ語:、ロシア語:、"Nursultan Abishevich Nazarbayev"、1940年7月6日 - )は、カザフスタンの政治家で初代大統領(1990年4月 - )。2016年、核軍縮への取り組みが評価され、日本政府から被爆地長崎に招待された。
ヌルスルタン・ナザルバエフ ナザルバエフはソ連時代からソ連副大統領職の誘いもミハイル・ゴルバチョフに持ちかけられたほどの実力者であった。「安定と経済発展」を唱え、を建設するなどカザフスタンの潤沢な天然資源を積極的に輸出してカザフスタン経済の成長を実現した。国民1人当たりの国内総生産は中央アジアでも卓抜しロシアと並ぶほどに成長している。カザフスタン議会は2000年にナザルバエフの議案提出権や不逮捕特権を終身付与する法案を可決し、2001年にはナザルバエフに対して「人民英雄」の称号を付与する議案もほぼ全会一致で可決している。3人の娘がおり、末娘のアリヤは、キルギス共和国のアスカル・アカエフ元大統領の息子と結婚し、(ただし後に離婚し、アカエフも大統領職を追われた)。男児がいないため、長女・ダリガは後継者候補として有力であるとされている。
アスタナ 2008年、カザフスタン国会はアスタナをヌルスルタン・ナザルバエフを称えて「ヌルスルタン」と改名するように提議したが、ナザルバエフが辞退した。
ヴィクトル・カルプーヒン 1991年から1992年まで、カザフスタン大統領ヌルスルタン・ナザルバエフの大統領保安庁長官を務める。
ベリク・イマシェフ 娘がヌルスルタン・ナザルバエフ大統領の孫に嫁いでおり、大統領一家の一員である。
ユーラシア経済共同体 カザフスタン大統領ヌルスルタン・ナザルバエフは、ユーラズ(yevraz)と呼ばれる新通貨の導入を提案した。