類似の単語または同義語 ナミビア

ボツワナ    0.846030

タンザニア    0.821979

スワジランド    0.791851

ジンバブエ    0.789155

ザンビア    0.785227

ガイアナ    0.780553

レソト    0.779939

ourebi    0.769215

ブルキナファソ    0.759268

スリナム    0.759192

類義語または同義語 ナミビア

Article Example
ナミビア 1982年にアメリカ合衆国のロナルド・レーガン大統領と南アフリカ政府はキューバ軍のアンゴラからの撤退とナミビアの独立を交換条件とするを打ち出していた。
ナミビア 1994年には、南アが1977年に併合し南ア領として支配していた港町ウォルビスベイ一帯も返還された。
ナミビア 総兵力は9200人。志願制。陸軍、海軍、空軍からなる。軍事予算は1億6000万ドル(2005年)。
ナミビア ナミビアの海岸線沿いには、世界で最も古いといわれるナミブ砂漠があり、天然の良港ウォルビスベイがある。内陸は高原となっていて、北部にはアフリカ最大の塩湖であるエトーシャ塩湖、北東部には長さ450kmのカプリビ回廊がある。南にはオレンジ川がある。最高地点はナミブ砂漠北部のブランドバーグ山 (標高2606m) である。白亜紀の大陸分裂に伴うマグマ噴出で出来た花崗岩の貫入山塊である。
ナミビア 2010年の推計によれば、15歳以上の国民の識字率は88.8%(男性:89%、女性:88.5%)である。2010年の教育支出はGDPの8.3%だった。初等教育では各民族語によりなされるが、初等教育の高学年より、英語が取り入れられ、中等教育、高等教育ではほぼすべての授業を英語で行なっている。中等教育以上でも独立以前の公用語であったドイツ語やアフリカーンス語での教育も一部認められている。なお、1980年代まではアフリカーンス語が唯一の教授言語であった。
ナミビア それまで、長年の間共通語として機能してきたアフリカーンス語で行なわれてきた教授言語を莫大な予算を投じて、あまり使われていなかった英語に変えたたことによる弊害も出てきている。特に、教師の英語力が著しく不足している点が問題となっており、結果として全体の教育レベルの低下を招いているとされ、教授言語の英語化は失敗であったとの指摘もある。
ナミビア 1989年、国連監視下でナミビアでは選挙が行われSWAPOが過半数を制した。1990年3月に制憲議会で憲法を制定した後独立を達成した。初代大統領にはSWAPO議長のサム・ヌジョマが就任した。
ナミビア 国家元首である大統領は、国民の直接選挙により選出され、任期は5年。3選は禁止されている。首相と閣僚は、国民議会議員の中から大統領が任命する。
ナミビア ナミビアは年間300日が晴天で、6月〜8月の冬期は乾燥し、9月〜11月が小雨季、2月〜4月が大雨季である。降水量は場所により様々で旱魃も多い。海岸の気候は北上するベンゲラ海流の影響が大きく、乾燥と低温をもたらし、濃霧を発生する。
ナミビア 全人口の6.4%を占める白人(ヨーロッパ系)の60%がアフリカーンス語を、32%がドイツ語を、7%が英語、1%がポルトガル語を使用しており、ドイツ植民地時代から90年経った現在でもドイツとの結びつきが強く、ドイツ語は商業言語として大きな地位を占めており、(約30,000人)のためにドイツ語での教育も行われている。