類似の単語または同義語 トッレガヴェータ

チルクムフレグレア    0.852422

fusaro    0.823140

クマーナ    0.822210

キヴァッソ    0.805384

ポクローフスカヤ    0.788513

プリヴェルノ    0.768762

モルターラ    0.768101

セニガッリア    0.766749

アフラゴーラ    0.760207

プステリア    0.759674

類義語または同義語 トッレガヴェータ

Article Example
チルクムフレグレア線 路線はクマーナ線と同じくモンテサントとトッレガヴェータを始発とする。
SEPSA 全ての列車はモンテサント駅を出発し、トッレガヴェータ(バーコリにある街)に到着する。
チルクムフレグレア線 モンテサントを出発しトッレガヴェータに着くが30kmのクマーナ線に比べると長く、ナポリの西の各地区、ソッカーヴォ、ピアヌーラや、クアルト・フレグレオ、リーコラ、クーマと言った場所を通る。
チルクムフレグレア線 1950年代、クマーナ線の運営会社 EAV は、フレグレオの地域を通りナポリとトッレガヴェータを繋ぐ事が可能となるチルクムフレグレア線の建設を担当した。
SEPSA SEPSAのバスはナポリの特に重要な道路にのみあり、モナルディ病院かテッキオ広場を出発してトッレガヴェータに集まる。またバスはイスキア島でも運行されている。
チルクムフレグレア線 鉄道網の複線化の完成の為には、ピアヌーラ=ピザーニ (2.836km) 、クアルト=リーコラ (6.677km)、リーコラ=トッレガヴェータ (7.452km) の各区間の関連工事の、必要な資産として事前に割当られた入札が残っている。
チルクムフレグレア線 トッレガヴェータにおいてチルクムフレグレア線はクマーナ線に合流し、環状に閉じていて、このようにフレグレオの各地区の隅々まで早く安く到達することが出来る。二つの路線は40%はナポリ・コムーネの領域と、60%は隣接コムーネの領域に展開している。