類似の単語または同義語 データ通信

wimax    0.811052

isdn    0.802736

モデム    0.786292

adsl    0.786133

ルーター    0.755962

oam    0.754021

hspa    0.751347

phs    0.751049

lte    0.749205

axgp    0.737502

類義語または同義語 データ通信

Article Example
データサービス データサービス料(でーたつうしんさーびすりょう)とは官公庁がNTTデータ社に支払うシステム使用料金のことである。
データ データ(データつうしん)とは、
データ データを行なうためには確実にデータをやり取りするための仕組みが必要である。これをプロトコルという。通信回線上でのデータのやり取りをすることを基本としている。
データ STR (Synchronous Transmitter Receiver) は、1960年にIBMが作ったプロトコルである。初期のプロトコルであり、磁気テープのデータを送るのを始めとして、カード、紙テープなどのデータをやり取りするために使われた。同期データとして広く使われたプロトコルの最初の物である。
データ について言う。
データ BSC (Binary Synchronous Communication) は、1対1だけではなく1対多の通信やバイナリデータを透過的に送ることが出来るプロトコルである。STRの後継としてIBMによって開発された。それと同時にANSIでも規格化され、ANSI X3.28として規格化されている。
データサービス データサービス料では通常のシステム開発と異なり、システムの開発に対して対価を支払うのではなく、システムの使用に対して料金が課金される。NTTデータ社としてはシステム開発当初には開発費がかさむが、その後の運用が開始されると利用料によって開発費以上の収益がもたらされるビジネスモデルとなっている。また、システム開発時の仕様についても発注元官公庁は把握せず、NTTデータ社が掌握しているため、システムの入れ替えの必要性が生じた場合でもNTTデータ社が随意契約によって次期システムを受注するという構造になっている。
データ しかし、現在は主に
データ ターミナル、ターミナルステーションのこと。ディスプレイ、キーボード、マウスなどのいわゆるパーソナルコンピュータ、携帯情報端末 (PDA)、現金自動支払い機、など「データシステム」と人間の接点になるもの。
データ データ(データ・コミュニケーション / data communication)の明確な定義はないとされるが、データ伝送(データ・トランスミッション / data transmission、機械によって処理される、あるいは処理された情報の伝送)と、データ処理(データ・プロセッシング / data processing、コンピュータによる情報処理)の両方機能を一つにまとめたものとされる。