類似の単語または同義語 ダーラー

シコー    0.951149

アウラングゼーブ    0.840425

シュジャー    0.805976

ムラード    0.802744

シピフル    0.795860

スライマーン    0.782314

シラージュ    0.769536

マハーダージー    0.766652

ジャスワント    0.763065

ウッダウラ    0.762091

類義語または同義語 ダーラー

Article Example
サヤーム・ダーラー サヤーム・ダーラー(タイ語: สยามดารา、英語: Siam Dara)は、タイ王国のタイ語芸能新聞。2005年6月29日に創刊。サヤーム・ダーラー社が発行。ギレーンガーンピム社(กิเลน การพิมพ์ จำกัด)が印刷。公称12万部。1部10バーツ。
ダーラー・シコー ダーラー・シコーが生まれたのち、弟にシャー・シュジャー、アウラングゼーブ、ムラード・バフシュ、妹にラウシャナーラー・ベーグム、ガウハーラーラー・ベーグムなど多数の兄弟が生まれた。
ダーラー・シコー ダーラー・シコーは皇太子であったが、あくまでシャー・ジャハーンを尊重し、他の兄弟が皇帝を自称したのちも皇帝を名乗ることはなかった。そのためか、12月30日に彼は弟シャー・シュジャーの保持していたビハール太守の地位に任命されている。
ダーラー・シコー また、ダーラー・シコーはデリーおよびアーグラとその周辺を支配下に入れていたことで、ほかの兄弟よりも財力があり、軍も強力であった。そのうえ、彼はアンベール王ジャイ・シングやマールワール王ジャスワント・シングなど強力なラージプートの王を味方につけていた。
ダーラー・シコー ダーラーはアーグラを出る前にシャー・ジャハーンに会い、シャー・ジャハーンは目に涙を浮かべながら、厳しい口調でこう言った。
ダーラー・シコー 6月8日、ダーラー・シコーはサムーガルで、アウラングゼーブとムラード・バフシュの連合軍とアーグラ近郊のサムーガルで戦闘を交えた(サムーガルの戦い)。シャー・ジャハーンは戦いが始まる3,4日前までずっと、彼にスライマーン・シコーが到着するまで待ち、その間に陣地を築く有利な場所を選ぶように手紙で伝えていた。
ダーラー・シコー ダーラー・シコーは突撃しているさなか、左翼のルスタム・ハーン・デカニーとチャトラサール・シングが戦死し、ラーム・シング・ラートールが敵陣を突破したのち、四方八方を敵に囲まれていることを知った。そのため、彼はアウラングゼーブを攻めに直行する計画を断念し、ラーム・シング・ラートールのいる左翼の救援に向かった。
ダーラー・シコー だが、ジャスワント・シングが動くことはなかった。先にスライマーン・シコーを裏切ってアウラングゼーブについていたジャイ・シングが、ダーラーに味方することは危険だと手紙を何度も送っていたからであった。また、シャー・ナワーズ・ハーンもダーラー・シコーに味方するふりをして、じつはアウラングゼーブと内通していた。
ダーラー・シコー だが、ここでもジャイ・シングが例のジャスワント・シングに使った同じ手口で、その仲を引き裂くことに成功した。ある日、ダーラー・シコーはラージャの態度が冷めたことでそれを悟り、ふたたびタッタ・バカルへの旅へと戻った。
ダーラー・シコー 結局、アウラングゼーブは賛成派の多くの人に勧められたため、ダーラー・シコーの処刑を決定し、シピフル・シコーをグワーリヤル城に送られるよう命令した。