類似の単語または同義語 ゾンネンアレー

プルーンチット    0.857046

wilhelmstraße    0.855891

ヴェレシュマルティ    0.840228

アガータ    0.839932

ハタール    0.838600

ビルケンヴェルダー    0.838044

catalanes    0.835903

アンヴェール    0.833751

グラシエール    0.832958

bienvenüe    0.832017

類義語または同義語 ゾンネンアレー

Your secret weapon. Online courses as low as $11.99

Article Example
ベルリンSバーン ベルリンの壁建設により、北側がゲズントブルンネン(西ベルリン側)とシェーンハウザー・アレー(東ベルリン側)の間 で、南側がトレプトウ公園(東ベルリン側)とゾンネンアレー(西ベルリン側)の間で分断され、東西で別々に運行されていた。西ベルリン側の環状線は 1980年に運行中止となり、壁崩壊時点でも復旧していなかった。
ベルリン環状線 ドイツ再統一後の1990年には計画が変更され、1993年に南区間が再開業した。ゾンネンアレー駅 - トレプトウアー・パーク駅間の復旧には短期間では不可能な大規模な改修が求められた。最終的に全区間が復旧したのは壁崩壊から12年以上の時を経た2002年6月16日のことであった。
ベルリン環状線 1944年からベルリンの壁が建設される1961年までの間は環状運転が行われていたが、壁建設により分断された。ゲズントブルンネン駅からゾンネンアレー駅に至る4分の3の区間は西側に属し、ベルリン・シェーンハウザー・アレー駅 - トレプトウアー・パーク駅に至る区間およびベルリン-シュチェチン線、ベルリン-ゲルリッツ線、シェーネフェルト空港へ向かう路線は東側に属した。
ベルリン環状線 1980年の西ベルリンでのストライキ発生以降は西側区間は休止され、ドイツ再統一後の1993年まで復旧することはなかった。Sバーンの運営についても東ドイツ政府と西ベルリン市議会の間で交渉が行われ、1984年1月9日には西ベルリン側のSバーンについては、西ベルリンのBVG(ベルリン運輸公社)に移管する条約が締結された。ヴェストエント駅 - ゾンネンアレー駅間の修復を優先して行う計画が立てられた。
ピエール・ロスタン ピエール・ロスタン武装上級曹長の第3中隊(約80名)はブラウナウアー通り(Braunauerstraße、現ゾンネンアレー)に沿って出撃した。彼ら第3中隊は燃料不足で機動を制限されている「ノルトラント」師団のティーガーII重戦車からの援護射撃を約束され、左側面にボムガルトネ武装連隊付上級士官候補生の第2小隊、右側面に中隊長のロスタンと副官デュムラン武装連隊付上級士官候補生、ジノー武装連隊付上級士官候補生の第1小隊が展開してベルリン市街の道路を進んだ。
ベルリンの壁崩壊 東西ベルリン間の国境検問所は、ボルンホルム通り・ショセー通り・インヴァリーデン通り・フリードリッヒ通り・ハインリッヒハイネ通り・オーバーバウム橋・ゾンネンアレーの7カ所あり、やがて検問所の前に市民が集まり、通過しようとする市民と政府から何も指示されていない国境警備隊との間でこの記者会見でのシャボフスキーの発表を巡りトラブルが起きた。しかもそれは東側だけでなく、西側でも同じで、誰もがテレビで伝えられた「旅行が自由化される」というニュースに驚き、殺到したことで西ベルリン側の検問所も混乱に拍車が掛かった。
ヴィルヘルム・ヴェーバー (親衛隊隊員) フランスSS突撃大隊の各部隊のうち、ジャン=クレマン・ラブルデットSS義勇少尉の第1中隊は隣接するテンペルホーフ区守備隊に一時配属されていたため不在であったが、ピエール・ミシェルSS義勇中尉の第2中隊はベルリーナー通り(Berliner Straße、現カール=マルクス通り)からリヒャルト通り(Richard Straße)に沿って出撃し、ピエール・ロスタン武装上級曹長の第3中隊はブラウナウアー通り(Braunauer Straße、現ゾンネンアレー)に沿って出撃。ジャン・オリヴィエSS義勇曹長の第4中隊は大隊の予備兵力として扱われ、アンリ・フネSS義勇大尉は大隊本部をノイケルン区役所()に設置した。
ベルリンの壁崩壊 午後10時30分頃、ボルンホルム通りの検問所には2万を超える群衆が詰めかけていた。イエーガーは、何をしたらいいのか確信が持てなかった。ここまでに検問所の中で「我々はどうすべきか討論を続けていた。」「状況は緊迫していた。我々は二進も三進も行かなかった。流血沙汰を避けることばかりを考えていた。」そしてもう他に選択肢はないと考えた。しかし何度も上官に指令を仰いだが「待て」と言われるばかりであった。再び電話して「もう全員を通行させなければなりません」と言うと上官は「指示は分かっているだろう。言われたことだけをすればいい。」と言った。興奮状態下での市民の暴走や圧死による群集事故の発生を恐れたイエーガーは上官に「これ以上検問所を維持することは出来ない」と伝え、彼は「もう持ちこたえらえない。検問所を解放しなければならない。牽制をやめ、こちらへの通行を許可する。」として「全てを開けろ」と命令した。午後10時45分だった。ほぼ同時にゾンネンアレーとインヴァリーデン通りの検問所も開かれ始めた。