類似の単語または同義語 ソラリゼーション

solarisation    0.844305

surimpression    0.808889

コンポジシオン    0.771649

stylo    0.696074

helffer    0.692386

pince    0.690703

リヴモン    0.684857

trys    0.683552

アルキド    0.682083

fjell    0.679469

類義語または同義語 ソラリゼーション

Article Example
ソラリゼーション 現像時に、露光をある程度過多にすることにより、モノクロの写真作品の白と黒が反転する現象。意図的に行われ、その結果、白黒が(部分的に)反転した作品のこともソラリゼーションと呼ぶ。
ソラリゼーション マン・レイが写真の現像中に、助手であり愛人だったリー・ミラーが現像をしていた部屋のドアを誤って開けてしまったが、その結果生じたものを、マン・レイは「失敗作」とは考えず1つの効果として評価した、ということをその始まりとする説もある。
ソラリゼーション ソラリゼーション(solarisation)とは、写真の現像時における1つの現象。
ソラリゼーション また、19世紀中頃にアントワーヌ・サバティエ(Antoine Sabattier)が始めたという説もあり、「サバティエ効果」と呼ばれることもある。
ソラリゼーション どの程度の露光でどの程度の白黒反転が起こるのかが予測できないこともあり、シュルレアリスムと近接性が存在する。
ソラリゼーション (物理学) ソラリゼーション(英: Solarization)とは、ある物質が紫外線やX線などの高エネルギの電磁波にさらされるとその後一時的に色が変化する物理学上の現象。透明なガラスや多くのプラスチックはX線によって褐色・緑色などに変色し、ガラスは砂漠などでの長期の太陽光照射で青色に変色する。ソラリゼーションの原因は、色中心と呼ばれる特定波長の可視光を吸収する内部欠損ができることだと考えられている。ソラリゼーションはまた、物質の物性・機械的特性を永久的に変化させることもあり、自然環境でのプラスチックの分解に関わる仕組みのひとつである。
前衛写真 技術的には、フォトモンタージュ、フォトグラム(フォトデッサン、オートグラム)、ソラリゼーション、「ブレ」、クローズアップなどの技法を用いることが多い。
モーリス・タバール 多重露光を手法とするフォトモンタージュ、ソラリゼーション、フォトグラムなどを多用した、シュルレアリスム系統の作品を多く制作した。女性(ヌードもあり)を含んだ華麗なイメージの作品が多い。
アーウィン・ブルーメンフェルド フォトモンタージュ(多重露光)、ソラリゼーション、彩色といった、シュルレアリスム的な技巧を、大胆にファッション写真に取り入れ、前衛的・実験的な作品を提供しつづけた。一方で、技巧的でなく、ストレートに動きをとりいれただけのような、華麗な作品もある。
ラウル・ユバック マン・レイの影響を受けて、その作品は、シュルレアリスム系の作品が多い。特に、裸体の女性を被写体としながら、ソラリゼーション等の技術を駆使してネガとポジが微妙に入り混じる画面処理を行い、複数の女性群像を武装したアマゾネス軍団や彫刻のように仕上げている作品(1930年代の作品)が有名。