類似の単語または同義語 セメイ

ペトロパブル    0.816378

パヴロダル    0.813897

スルグト    0.800601

タラズ    0.799504

オスケメン    0.797830

アクトベ    0.790400

アティラウ    0.787704

ホジェンド    0.783975

ニジネヴァルトフスク    0.782911

ギャンジャ    0.782521

類義語または同義語 セメイ

Article Example
セメイ 作家のドストエフスキーが兵役期間中に、当地で勤務したほか、カザフ国民文学の祖とされるアバイ・クナンバエフが学生時代を過ごしたことでも知られる。
セメイ セメイ(カザフ語:、ラテン文字転写:Semey)は、カザフスタン北東部の東カザフスタン州の都市。
セメイ 14村区と2町から成る。
セメイ 2006年、セメイで中央アジア諸国によって非核条約「セメイ条約(セミパラチンスク条約)」が締結された。
セメイ セメイは、1939年からセミパラチンスク州の州都であったが、1997年に同州が東カザフスタン州と合併したため、現在の州都はオスケメンとなっている。
セメイ 1718年に、ロシア人がイルティシュ川沿岸に城砦を築き、初めての入植を行った。城砦の原型となった仏教寺院跡の7つの建物から、城砦は「7つの部屋の町」を意味するセミパラチンスクと名付けられた。
セメイ 城砦の周囲には、カザフ人遊牧民とロシアとの間の河川交易に携わる住民が居住し、小規模な都市が形成された。
セメイ かつてはセミパラチンスク () と称された。
セメイ 城砦はイルティシュ川の氾濫に苦しめられたため、1778年に18km上流の現在の位置に移設された。
セメイ 詳細はセミパラチンスク核実験場を参照。