類似の単語または同義語 スーパーコンピュータ

cray    0.764675

スパコン    0.750034

ミニコンピュータ    0.736119

tflops    0.730991

hpc    0.725666

マイクロプロセッサ    0.723338

hitac    0.721092

ibm    0.697288

univac    0.691207

fpga    0.688347

類義語または同義語 スーパーコンピュータ

Article Example
スーパーコンピュータ 普及価格帯の計算機の性能では実行不可能な超大規模な計算処理が目的であり、それを実現するための特別な構造(極端に大量のCPUコアを搭載する,超大容量のメモリを搭載するなど)を備えたハードウェアやハードウェアに最適化されたソフトウェアを備える。有限要素法や境界要素法などに基づく構造解析、気象予測、分子動力学、シミュレーション天文学、最適化問題、金融工学のような大規模数値解析に基づくシミュレーションに利用される。計算機による大規模シミュレーションを前提とした科学は特に計算科学と呼ばれ、スーパーコンピュータの設計に大きい影響を与えている。そのような計算科学の成果を元に、工業製品の設計や評価を行うCAEの分野でも広く利用されている。
スーパーコンピュータ スーパーコンピュータの定義は時代に沿って大きく変化してきているが、一般的にはその時代の最新技術が投入された最高クラスの性能の計算機を指す。現時点では一般的に使用されるサーバ機よりも浮動小数点演算が倍以上の速さのコンピュータを「スーパーコンピュータ」と呼ぶことが多い。Cray-Iが登場したときには、メインフレームの30倍程度であった。
スーパーコンピュータ 日本の政府調達に関する規程では、中央政府などの一部の機関に対して、理論的最高性能値が50TFLOPSテラ・フロップス以上のスーパーコンピューターを、「政府調達手続に関する運用指針」の手続に従って調達することを求めている。
スーパーコンピュータ ベクトル演算が1970年代に実装された後も、1980年代には並列処理、パイプライン処理、投機的実行、対称型マルチプロセッシング、1990年代にはVLIW、SIMDなどがスーパーコンピュータに導入され、並列度の向上を実現した。
スーパーコンピュータ GRAPEプロジェクトでは、1989年から多体問題に特化したプロセッサを製作し、天文学や分子動力学シミュレーションにおいて非常に価格性能比の良い専用計算機を開発している。
スーパーコンピュータ 研究レベルにおける通信速度は2005年11月にIBMの研究所による14GB/chが最高速であったが、2006年3月現在、NECおよび理化学研究所による次世代HPC構想の研究にて25GB/chが記録されている。
スーパーコンピュータ 各Unixで通常使われているスケジューラだけでなく、優先度の高い計算処理にCPU資源を強制的に割り当てるギャング スケジューリング方式もサポートしたものが多い。
スーパーコンピュータ 2013年現在主流であるコンピュータ・クラスター型のスーパーコンピュータでは、MPIを用いて、プログラマがプロセス間の通信や同期をプログラムに記述することで大規模な並列計算を行う方法が一般的である。スーパーコンピュータ向けベンチマークLINPACKの一実装であるHPLや、遺伝子の相同性検索を行うBLASTなど多くの科学技術計算アプリケーションでは、MPIを用いた並列化に対応している。
スーパーコンピュータ またスーパーコンピュータのエネルギー消費効率を評価するプロジェクトにはGreen500があり、電力当たりの性能を評価基準にして上位500位をランキングしている。性能値はTOP500の結果を使用して、消費電力はコンピュータ本体の測定値を使用している。
スーパーコンピュータ 世界各国でもスーパーコンピュータの導入は進んでおり、1990年代初頭のような日米を2極とした導入数の集中状況は解消しつつある。アメリカも日本もスーパーコンピュータによるシミュレーション能力が国際競争力の源泉であることに気が付き、次々と次世代スーパーコンピュータ構想の手を打っている(詳細は京 (スーパーコンピュータ)を参照)。さらに、日米両国はそれぞれの政府主導の下、各省単位でのHPC投資促進が続けられており、数十PFLOPSコンピュータを2010年までに構築する計画が複数進んでいる。