類似の単語または同義語 スコットランド

イングランド    0.851678

アイルランド    0.839958

ウェールズ    0.823855

北アイルランド    0.746930

イギリス    0.729026

英国    0.696784

ファイフ    0.683834

ウィルトシャー    0.663277

グラスゴー    0.660500

ダービーシャー    0.660150

類義語または同義語 スコットランド

Article Example
スコットランド 首都のエディンバラは第2の都市であり、ヨーロッパ最大の金融センターの一つである。最大の都市であるグラスゴーは、人口の40%が集中する。
スコットランド スコットランドの名称は、この地を統一したスコット人(Scots)に由来する。スコットランド・ゲール語では「アルバ(Alba)」と呼ぶ。ラテン語では「カレドニア(Caledonia)」と呼ばれる。
スコットランド グランピアン山地 (右図) をマレー湾とアバディーンから南西に伸びて境する大断層があり、北は 、南は と呼ばれる。
スコットランド スコットランドの花 (The Flower of Scotland) が事実上の「国歌」である。
スコットランド スコットランドはゴルフ発祥の地としても知られ、セント・アンドルーズは聖地として世界中のゴルファーの憧れの地となっている。またカーリングもスコットランド発祥とされるため、国際大会の前には勇敢なるスコットランドが演奏される。
スコットランド 語源については、スコットはラテン語でゲール人を指した「スコティ(Scoti)」に由来するとされ、「アルバ」と「カレドニア」は古代に有力だったクランの名に由来するとされる。
スコットランド 首都のエディンバラは人口でスコットランド第2の都市であり、ヨーロッパ最大の金融センターの一つである。最大の都市であるグラスゴーはの中心であり、スコットランドの人口の40%が集中する。スコットランドの沿岸部は北大西洋および北海に接し、アバディーンは北海油田の基地となっている。
スコットランド 1603年、ステュアート朝のジェームズ6世がイングランド王ジェームズ1世となり、イングランドと同君連合を結ぶ。スコットランドの宗教改革、清教徒革命(主教戦争、三王国戦争(、イングランド内戦、(、アイルランド侵略))、イングランド共和国の成立、イングランド王政復古)。殺戮時代、名誉革命。
スコットランド 2005年5月現在、スコットランドに割り当てられているイギリス議会(ウェストミンスター議会)下院の議席数は59である。2005年総選挙で各政党が獲得した議席数は次のようになった。
スコットランド この新基準は過去に遡って適用することが容易である。1707年以降この呼称上の問題が生じるイギリス国王は4人(ウィリアム4世、エドワード7世、エドワード8世、エリザベス2世)いるが、この新基準の適用を受けても4人の呼称はイングランド基準のままであり、変更の必要がないからである。