類似の単語または同義語 スイッチング

イーサネット    0.761413

vlan    0.755343

レイヤ    0.740253

シンセサイザ    0.734959

voip    0.734898

pll    0.731726

ルーティング    0.728619

ルーター    0.728162

ethernet    0.724578

isdn    0.723924

類義語または同義語 スイッチング

Article Example
スイッチング スイッチング、スウィッチング(switching)
スイッチング・チャンネル スイッチング・チャンネル』("Switching Channels")は、1988年のアメリカ合衆国のコメディ映画。テッド・コッチェフ監督、キャスリーン・ターナー、バート・レイノルズ、クリストファー・リーヴ、ネッド・ビーティ、ヘンリー・ギブソン出演。原作はベン・ヘクトとによる戯曲『』で、『犯罪都市』、『ヒズ・ガール・フライデー』、『フロント・ページ』に続く4度目の映画化である。
スイッチング・コスト スイッチング・コスト()または切り替え費用とは、ある商品から他の商品、あるいはあるブランドから他のブランドに切り替えることに伴って発生する費用である。金銭的な費用に限らず、切り替えに伴って必要となる習熟や慣れに要する時間(の機会費用)や心理的費用なども含まれる。取引コストの一種である。例として、探索コストなどがある。
スイッチング・チャンネル SNNのニュース専門チャンネルを担当するクリスティ・コレランは、自ら体を張ってリポートを行っていた。だがクリスティは休日なしで働いていたため気がおかしくなり、そんな彼女を見た元夫で上司のジョン・L・サリヴァン4世は休暇を取らせる。クリスティは休暇でリゾートを訪れ、そこで彼女は、ニューヨークのスポーツ用品店を経営するブレイン・ビンガムという男性と出会い恋に落ちる。
スイッチング・コスト 髙いスイッチング・コストが生じると、ほかのサービスへの乗り換えを阻害するため、囲い込みに用いられる。
スイッチング・チャンネル ※日本語吹替:地上波放送版
スイッチング・チャンネル 相思相愛の仲になった2人は結婚を決意し、クリスティはキャスターを辞めることを報告しにジョンの元へ行く。クリスティが不在のため視聴率が低下したSNN局内では、誰もが彼女の復帰を待ち望んでいた。そのときクリスティが現れジョンと2人で話をし別れたのはジョンが仕事人間だと言う彼女に反論するジョンだが、クリスティから金持ちの男性と結婚してキャスターを辞めると伝えられ焦る。ジョンはクリスティに考え直させようとするが彼女の決意は固く、これからは時間に縛られるレポーターではなく自由な時間が多い朝番組の芸能人インタビュアーになることを宣言する。ジョンは3人で食事を取ることを提案し、行きつけのレストランに向かう。レストランでジョンは本日死刑が執行される悪徳警官を殺した死刑囚のアイク・ロスコーの話をし、クリスティが彼にインタビューして州知事の心を動かせば死刑を回避できると言う。そしてそのためには結婚を遅らせる必要があるとジョンが伝えると、人命を救えるならとブレインは結婚式の期日変更に同意する。クリスティはブレインから説得され渋々受け入れるが、条件としてブレインが経営するスポーツ用品店の商品を購入してSNN局内にジムを造ることを要求し、それを承諾したジョンはクリスティを刑務所に向かわせる。
スイッチング電源 スイッチング電源には「降圧(ステップダウン)、昇圧(ステップアップ)、昇降圧」という分類と「定電圧、定電流、定電力」という分類がある。出力電圧制御は、スイッチングレギュレータ部のデューティ比で行う。デューティ比の設定は、出力電圧の検出電圧と基準電圧を誤差増幅器によって比較しスイッチングレギュレータ部に帰還をかけることで行う。入力・出力間を絶縁する場合は、誤差増幅信号をフォトカプラでスイッチングレギュレータ部に伝達する。スイッチングレギュレータ部のオン・オフ周波数は高いほど電圧の変動(リップル)が小さくなり高速な応答が可能であり、使用するトランス、平滑リアクトル、コンデンサ等の小型化も可能となり、電源全体の小型化、軽量化を図ることができる。回路設計においては、伝導ノイズや不要輻射も考慮される。LED点灯回路など電圧による制御が困難・非効率な場合には定電流型を使用する。
スイッチング電源 97%と高効率の回路も存在しており大電力を必要とする回路に使用されているが、PC用ATX電源などではコスト削減を優先するために効率は60%程度で力率も低い電源が使われているものが多い。
スイッチング電源 入力よりも高い電圧または低い電圧を取り出せる。インダクタの逆起電力により負電圧を作り出すものを指すことが多いが、広義には正電圧をつくることができる方式を含めることがある。