類似の単語または同義語 ジェハーク

パベル    0.840222

ネドベド    0.832852

ヴラディミル    0.770918

イヴィツァ    0.769624

シニシャ    0.769385

ペトロヴィッチ    0.768593

プレドラグ    0.756848

マリッチ    0.752876

ウカシュ    0.751024

スロジル    0.748589

類義語または同義語 ジェハーク

Article Example
パベル・ジェハーク 市原ではフランク・オルデネビッツ、ネナド・マスロバルといった選手の加入により試合出場が減り、1995年はJFLの東芝サッカー部に2年契約で移籍(クラブは翌年移転してコンサドーレ札幌に改称)。札幌退団後は古巣のスラヴィア・プラハに復帰し、1997-98シーズンまでプレーを続けた。
パベル・ジェハーク 引退から半年後、市原時代の同僚だったピエール・リトバルスキーから誘われる形で、彼が監督を務めるJFLの新クラブ横浜FCに選手兼コーチとして加入。現役生活最終シーズンとなった1999年のJFLでは20試合8ゴール、第2節水戸ホーリーホック戦ではハットトリックも記録した。
パベル・ジェハーク ムラダー・ボレスラフで生まれ、10歳でプラハに転居。新居がスラヴィア・プラハの敷地の近くだったことから自身もスラヴィアのファンになり、11歳からスラヴィアで本格的にサッカーを始める。1984年にクラブとプロ契約を結ぶ。スラヴィアでは25歳から2シーズンのあいだキャプテンも務めた。U-21チェコスロバキア代表として4試合に出場した経験を持つ。
パベル・ジェハーク 2011年8月、ヤロリームが監督を務めるサウジアラビアのアル・アハリのアシスタントコーチ就任が発表された。
パベル・ジェハーク 35||3||||||||||||
パベル・ジェハーク 2007年1月から古巣のSKスラヴィア・プラハでカレル・ヤロリームの下でアシスタントコーチに就任し、2度のリーグ優勝(2007-08、2008-09)を経験した。2010年6月からはリザーブチームの監督を務めた。
パベル・ジェハーク 151||37||||||||||||
パベル・ジェハーク 22||8||0||0||||||||
パベル・ジェハーク その他の公式戦
パベル・ジェハーク パベル・ジェハーク(Pavel Řehák, 1963年10月7日 - )は、チェコ出身の元サッカー選手でありサッカー指導者。日本における登録名はパベル。