類似の単語または同義語 ザンビア

ボツワナ    0.835916

ジンバブエ    0.802025

マラウイ    0.796618

スワジランド    0.794994

タンザニア    0.793418

レソト    0.789961

ナミビア    0.785227

シエラレオネ    0.779606

ブルンジ    0.769382

リベリア    0.769136

類義語または同義語 ザンビア

Article Example
ザンビア 国名は、国の西部から南部を流れるザンベジ川に因んでいる。
ザンビア 北ローデシアは1953年に南ローデシア(現在のジンバブエ)に入植したイギリス系白人主導で、南ローデシア、ニヤサランド(現在のマラウイ)と共にローデシア・ニヤサランド連邦に改編され、連邦初代首相にはが就任した。1956年に第二代連邦首相に就任したロイ・ウェレンスキーの統治を経てローデシア・ニヤサランド連邦では葉タバコ生産やカリバ水力発電ダムの電力による工業化が急速に進んだが、連邦の経済政策が白人入植者の集中していた南ローデシアを優先する方針を取ったために黒人民族主義者の反発を招いて1963年に崩壊し、翌1964年7月にニヤサランドはバンダ首相の下でマラウイとして独立を達成、北ローデシアも在地のロヅィ族の王ムワナウイナ3世によるバロツェランドの分離独立運動を制した北ローデシア植民地政府首相ケネス・カウンダと統一民族独立党 (UNIP) により、1964年10月24日にザンビアとしてイギリスから独立した。当時は北ローデシアとして1964年10月10日に開催された東京オリンピックに参加していたが、閉会式にあたる10月24日にザンビアとして独立したため、開会式と閉会式とで異なる国名となるという一幕があった。
ザンビア ザンビアは南部アフリカの内陸国であり、国土の大部分が高原でいくつかの河川が谷を刻んでいる。南部にザンベジ盆地を擁する。ナミビア、ボツワナ、ジンバブエとの国境を形成しヴィクトリアの滝(落差108m)があるザンベジ川は国の西から東へモザンビークに流れ、一部アンゴラへの支流となる。リヴィングストンはこの滝に近い観光拠点である。北部の河川の一部はコンゴ川へと流れ込むものもある。最北部のタンガニーカ湖はタンザニアとの国境で、南東端にカランボ川が流入し、カランボ滝はアフリカ第2位の落差(235m)を誇る。
ザンビア 高地にあるため大部分が温帯夏雨気候(Cw)で、しのぎやすい。年降水量は500-1,500mm。首都ルサカ(標高約1,200m)では1月の平均気温は21℃、7月の平均気温は16℃である。乾季は5月-8月であり、12月-4月は雨季である。
ザンビア ザンビアは共和制、大統領制をとる立憲国家で、現行憲法は1991年8月24日に公布(1996年改正)されたもの。
ザンビア 住民は、バントゥー系民族のトンガ人、ニャンジャ・チェワ人、ロジ人、ベンバ人、チェワ人、トゥンブカ人、ンゴニ人、、、、ララ人()、などが全体の99.5%を構成する。その他にもヨーロッパ人やアジア人、アメリカ人が0.5%ほど存在する。
ザンビア 2003年の推計によれば、15歳以上の国民の識字率は80.6%(男性:86.8%、女性:74.8%)である。2005年にはGDPの2%が教育に支出された。
ザンビア ザンビアにおける2007年のHIV感染者は推計で約110万人であり、感染率は15.2%である。ザンビア人の平均寿命は38.63歳(男性:38.53歳、女性:38.73歳)である。ザンビア国内で高度先進医療を提供する総合病院は、ルサカ市内のザンビア大学付属教育病院が著名。
ザンビア サッカーでは1993年のガボン航空惨事でサッカーザンビア代表の18名を失い、ワールドカップ出場を逃した。2012年のアフリカネイションズカップで初優勝を果たした。
ザンビア ザンビアと南隣のジンバブエとの国境に流れるザンベジ川には、世界三大瀑布の一つと称されるヴィクトリアの滝があり、アフリカを代表する動物、ゾウ、カバ、キリン、シマウマ、ヌーも多く住み、大自然が大変よく残されている。