類似の単語または同義語 サノワ

pissaro    0.845283

sarreguemines    0.839078

erreur    0.835189

cheron    0.834720

pianello    0.829803

lacour    0.827931

bachasson    0.825665

gerra    0.825627

ellwanger    0.824348

meersburg    0.823546

類義語または同義語 サノワ

Article Example
サノワ 現在のサノワの場所に初めて人が定住したのは旧石器時代中期であった。数々の石器が見つかっている。発見場所は現在のA15道路のインターチェンジ付近で、モンモランシー谷では最古の発掘物となった。
サノワ サノワという地名の起源はよくわかっていない。『百粒のナッツ』よりむしろ『百粒のクルミ』を意味するcentum nucesから生じたと考えられる。都市には多くの果樹園があった。また、ケルト語で干草を意味するsan、そして草地を意味するnoueから派生したとも考えられている。ラテン語の地名センティノディウム(centinodium) は、数百の薪を意味している。
サノワ 11世紀から12世紀、木造の教会内にセンティノディウムとして名前が刻まれた。集落は教会の周囲や、トルイエ山の麓の城へ移った。
サノワ サノワ (Sannois)は、フランス、イル=ド=フランス地域圏、ヴァル=ドワーズ県のコミューン。パリの北西15km地点にある。
サノワ 16世紀から17世紀、パリ=ポントワーズ間の半ばの宿場であるサノワは繁栄した。18世紀以降はワイン生産を中心とした農業の村となった。1870年、ブドウ畑の面積は223ヘクタールであった。19世紀から産業が導入され農業が廃れていき、1900年のブドウ畑面積は45ヘクタールであった。1863年の鉄道到来後、石膏の採石が盛んになり、第二次世界大戦末期まで続いた。近年、市長はサノワをワイン製造者として地位を確立しようと、小さなブドウ畑をつくった。
モーリス・ユトリロ ユトリロはサロン・ドートンヌに参加し、「サノワの通り」と「コンケの通り」の2点を出品した。しかし12月に再びユトリロの健康状態が悪化し、サノワの診療所に再入院した。その結果、1913年の大部分をここで過ごすこととなる。一方で、サロン・デ・ザルティスト・アンデパンダンにユトリロの作品は出品され、ヴァラドンとユッテルは自分たちも各々で展覧会に参加する一方で、ユトリロの発表の面倒も見た。ユトリロの作品をほぼ独占したリボードは、8区のリシュバンス街11番地にあるウジェーヌ・ブロ画廊でユトリロ最初の個展を開催した。この展覧会では1912年から1913年までに制作された31点を1913年5月26日から6月1日まで展示した。しかしこの展示会は失敗し、ユトリロが多作であることが原因だと考えたリボードは、月6点以上描かないようヴァラドンに手紙を送った。日にちは遅れたが、10月にユトリロ、ヴァラドン、ユッテルはコルシカ島に出発した。そこでコルシカ高地のベルゴデールに滞在し、20点ほどの作品を描き上げた。それらはムラト教会、ピエディクローチェ修道院、チント山腹の修道院、コルトの通りなどを描いたものだった。
モーリス・ユトリロ 彼の作品のほとんどは風景画、それも、小路、教会、運河などの身近なパリの風景を描いたものである。ありふれた街の風景を描きながら、その画面は不思議な詩情と静謐さに満ちている。特に、壁などの色に用いられた独特の白が印象的である。第二次世界大戦後まで余命を保つが、作品は、後に「白の時代」といわれる、アルコールに溺れていた初期のものの方が一般に評価が高い。パリ郊外のサノワにはがある。またモンマルトルにある墓には献花が絶えない。
モーリス・ユトリロ コルシカ島から帰った直後、ユトリロはヴァラドンを通じて画商のマルセイユと知り合った。マルセイユはリボードの物と比較してユトリロに好条件な契約を提案し、それはすぐに成立した。ユトリロはこの収入でモンマルトルの丘にて酒場を回ったが、その結果再度ルヴェルテガ博士の診療所で治療を受けることとなった。ユトリロは1914年の前半をサノワで過ごし、絵を描き続けた。また買い手も見つかった。3月2日には「熊の皮」("La Peau de l'Ours")という競売で、アンリ・ボードワンによって競売にかけられた。リボードはこの時またユトリロたちとの関係を取り戻そうとしたが、かつてとは違いユトリロが外に出ないことを望むようになった。6月15日、ドルーはユトリロの作品をホテル・ドルオに出品するが失敗し、10点もの作品を買い戻すこととなった。この結果と今まで行った過度の干渉によりリボードとヴァラドンとユッテルとの間で決定的な決裂が生まれ、契約が破棄された。この結果ユトリロは安定した収入を失った。彼はルヴェルテガ博士の診療所を出た後軍隊に志願したが、8月29日医学的理由で兵役を免除された。9月1日ヴァラドンとユッテルは結婚したが、その月の末にユッテルは従軍した。ユトリロはまた酒場に入り浸るようになった。この「白の時代」に、ユトリロは数百点に及ぶ作品を残している。
モーリス・ユトリロ 1912年にリボードはユトリロの絵画の価値が急上昇したため専属契約を交わし、ささやかな規則的報酬と引き換えにした。これは一家の経済的安定をもたらしたが、同時にユッテルが自身の道を諦め、ヴァラドンと共にユトリロの絵画に利益を見出そうとする。そのためリボードとヴァラドンの対立が発生した。4月にフランソワ・ジュルダンの計らいでユトリロはドリュエ画廊にて6点の作品を展示した。リボードはユトリロが利益を彼にもたらしたことで、ユトリロの制作を注文して作らせ制御下におこうとした。ヴァラドンはこれに対抗しようとしたがうまくはいかなかった。4月末から5月の初めにかけてユトリロの健康状態は悪化した。アドルフ・タバランはリボードのもとを訪れ、責任を持って芸術家を病院に入れるように促したが、リボードはそれを拒否した。そのためリボードとヴァラドンの関係がさらに悪化し、最終的にリボードはモーリスの入院費用を支払うこととなった。サノワのルヴェルテガのもとに受け入れられ、すぐに健康を回復した。入院中ユトリロは、精神障害者を一時的に居住者として扱う病院の「オープン=ドア」システムのおかげで病院を出ることが許された。彼は芸術家だったためルヴェルテガ博士は絵を描くことを勧め、ユトリロは多くの絵を描いた。治療は効果的で、7月末に一家の友人の提案でブルターニュに行くことを医師は認めた。ルイ・リボードはそれを知ると契約内容をユトリロに迫った。ユトリロは提案者である友人リッシュモン・ショドワ、ヴァラドン、ユッテルと共にウェサン島で2ヶ月以上休暇を過ごした。そこでもユトリロは絵を描いたが、リボードの提案である「1ヶ月に6枚以上描かない」のため、12枚以下の風景および2点の小さなカルトンしか描かなかった。ヴァラドンは息子の作品のサインを偽造したが、買い手も気づいていた。10月末に全員がパリに戻った。