類似の単語または同義語 コムトゥーア

プルーンチット    0.889574

フィロケイ    0.850803

erreur    0.848624

タテマチストリート    0.847792

西登美ケ丘    0.845525

グラシエール    0.844371

íslandi    0.844178

gajoen    0.841631

sennfeld    0.841005

ベルギアンスカ    0.840756

類義語または同義語 コムトゥーア

Article Example
ヘルフォルト ヘルフォルトの使徒派教会は、コムトゥーア通りにある。
ヘルフォルト 13世紀、コムトゥーア通りにヨハネ騎士団(後のマルタ騎士団)の騎士修道会管区本部が設けられた。宗教改革後ヘルフォルトのほぼすべての修道院が解散し、その建物は別の用途に転用されたが、この騎士修道会管区本部はヘルフォルトにおけるカトリック教会の種子となった。コムトゥーア通り 4a のルネサンス様式の玄関を持つ旧管区本部の建物は本市で最も古い石造建築である。この建物はカトリックの洗礼者聖ヨハネ教会の近くにある。
ヘルフォルト コムトゥーア通りには、1852年に聖別されたユダヤ教のシナゴーグがあった。この建物は、1892年から1893年にかけてネオゴシック様式に改築された。1934年の突撃隊員によるシナゴーグ放火は小さな被害で消し止められた。修繕によりこの建物はすぐに再び使用できるようになった。1938年の排斥事件(水晶の夜)により、このシナゴーグは再び放火され、掠奪された。火災と放火犯らによる破壊行為によってシナゴーグは完全に破壊された。
ヘルフォルト ヘルフォルトにあった数多くの兄弟団が巡礼者の面倒を見、病院や簡易宿舎を運営していた。4つの巡礼宿が確実に記録されている: マルタ騎士団管区本部近くのコムトゥーア通り沿いにあったゲルトルーデン=ガストハウス(1545年に閉鎖)、現在のリュッバー通り 31番地の巡礼宿、ラーデヴィガー通り 25番のフュルステナウ=ハウス、隣の 24番地の現存しない建物である。
ヘルフォルト ホラント地区にも時の力に抵抗して多くの古い建物が遺されている。21番地の建物は1554年の銘を有している。39番地の建物はこれよりわずかに新しい1559年の銘を持つ 3階建ての切り妻建築で、持ち送り部分にロープを象った装飾がなされている。29番地は角地の切妻建築で、中核部分は16世紀初めに造られた。コムトゥーア通り9番地には小さな木組みの切妻建築があるが、これの建物は隣の11番地と同様に1600年頃に建てられた。レッシング通り14番地の漆喰塗りの木組み建築は、おそらく16世紀前半に建造されたものである。