類似の単語または同義語 クルット

シュラク    0.619882

ルーンエンジェル    0.613588

ワーキャー    0.609747

ツラック    0.607229

チマメ    0.589095

プチドル    0.576779

ウォードッグ    0.567636

シュトリゴン    0.563930

スクリティ    0.549842

gokazoku    0.543650

類義語または同義語 クルット

Article Example
バタク・アラス=クルット バタク・アラス=クルット語(バタク・アラス=クルットご、)はスマトラ島で話されているオーストロネシア語族に属する言語である。
マリー・アレル 1761年4月28日に、オルヌ県ヴィムティエ近郊のクルット()で生まれる。
超力ロボ ガラット プラモデルはノンスケールで400円ながらクルットからガラットへの変形が可能。
超力ロボ ガラット 2013年8月、メガハウスのヴァリアブルアクション・Hi-SPECシリーズからジャンブー・ガラットが発売された。プラモデルや超合金と同様、クルットからガラットへの変形が可能。
下着 戦後は、クーパーズ社を前身とするジョッキー社とヘインズ社が大手であったが、クルット・ピーボディー・カンパニー(Cluett, Peabody and Company)が、サンフォリゼーション(Sanforization)という生地を出荷前に洗い縮める技術の特許を取り、広く利用されるようになる。
タイの国章 タイ王国の国章(タイおうこくのこくしょう)は仏教およびヒンドゥー教の神話に登場する神鳥・ガルダ(クルット)をモチーフとしている。アユタヤ王朝以来のタイのシンボルであり、正式に国章となったのは1911年のことであった。
ケルート山 ケルート山(ケルートさん、, "Klut, Cloot, Kloet, Kloete, Keloed" or "Kelut")(日本での表記ではクルット山、クルト山、クルド山などがある。)は、インドネシアのジャワ島の東ジャワ州にある火山である。環太平洋火山帯にある多くのインドネシアの火山やその他の火山のように、 ケルート山はその歴史を通して大規模な爆発的噴火をしたことで知られている。西暦1000年以降に30回以上の噴火が起きた。
超力ロボ ガラット クルット形態およびガラット形態時のコックピット・システムには、「コスミック・スタビライザー・システム」なるものが採用されている。ボディ中央部に球形の空間が存在し、その内部にコックピット・ブロックが浮いた状態で内蔵されている。浮く原理は不明。これにより、ロボットがどのような体勢の時でもパイロットは常に平衡を維持し、さらに外部から受けた衝撃がパイロットに伝わるのを緩和するアブゾーバーとしての役割も果たす。これは3体共通である。
超力ロボ ガラット 3体がキウイ博士の発明品「膨張超合金」を使用して強引に改造され、巨大化・変形機能を追加された姿。中間形態の「クルット」は、各乗用ロボットがそのまま巨大化したものである。乗用ロボット時と形は変わらないが、正体はバレない。ただし、一部パーツの曲面ディテールは変形機能の都合上、若干多面体化するものもある。一応コクピットはあるが、ロボットの意識はあり、自律行動も可能。性格は、巨大化前と比べて荒っぽくなる。しかし、あまり強くはない。
超力ロボ ガラット ロボットアニメの主役メカのような「格好良い」姿になる「ガラット」は、クルット形態から「ひっくり返って」変形したものである。この際に、各パイロットがコクピット内で所定の動作とともに「チェンジング・ガラット!!」(カミルのみ「チェンジング・ヒーロー!!」)と叫び、それに呼応して各ロボがそれぞれ「やらいでか〜!!」(江戸っ子言葉で「やらずにいられるか!!」の略語)と叫ぶ。ガラットに変形する際、各パイロットはコスチュームがヒーローっぽく変化する(姿はキャラクターの項参照)。その衣装はメカごとに固定されているらしく、巨大化したジャンブーに搭乗したパティーグも、ガラット変形時にはマイケル同様のツナギ風プロテクターに身を包んでいた。