類似の単語または同義語 キャンベラ

ブリスベン    0.767249

タウンズビル    0.761410

ウロンゴン    0.755349

ジーロング    0.737047

メルボルン    0.735631

キャバルリー    0.726041

ゴールドコースト    0.725604

ローンセストン    0.712825

クライストチャーチ    0.712200

canberra    0.704198

類義語または同義語 キャンベラ

Article Example
キャンベラ 19世紀を通して、キャンベラの成長は非常にゆっくりとしたものであった。19世紀に建設された建築物で目立つものと言えば、キャンベル・ファミリーと言われる石造りの建築物で、ドゥントルーン()にある王立軍事大学()がまず挙げられる。
キャンベラ オーストラリア国立大学の拡張が実施され、また、さまざまな彫刻やモニュメントも作られた。国立図書館は、オーストラリア高等裁判所とオーストラリア国立美術館によって構成されるパーラメンタリー・トライアングルの内側に建設された。しばしば、北キャンベラと南キャンベラとも呼ばれるキャンベラ中心部のサバーブは、1950年代により発展した。さらに、ウォーデン・ヴァレー()やベルコンネン()と呼ばれている地域もまた、それぞれ1960年代の半ば、あるいは後半に発展していった。また、キャンベラ周辺に建設された新しいサバーブは、オーストラリアの政治家の名前にちなんでいる。例えば、 Barton、Deakin、Reid、Braddon、Curtin、Chifley、Parkesは、それぞれ、エドモンド・バートン、アルフレッド・ディーキン、ジョージ・リード、エドワード・ブラッドン()、ジョン・カーティン、ベン・チーフリー()、ヘンリー・パークス()にちなんでいるものである。
キャンベラ キャンベラの周辺にある天然林のほとんどがユーカリである。このユーカリが、燃料やそれ以外の目的で利用されてきた。1960年代までに、キャンベラ周辺のユーカリの多くが伐採されたことと水質の悪化が懸念されるようになった。そのため、森林の開発が中止された。キャンベラの森林資源の保護への関心は1915年の複数の「種の保存をめぐる」訴訟で始まった。それ以来、キャンベラ周辺では、植生の地域を増やすことに取り組み、キャンベラの緑は、余暇の場として役割を果たすようになっている。
キャンベラ 大使館の多くは、 ヤラルムラ()
キャンベラ 地方自治としてはキャンベラの地方政府とオーストラリア首都特別地域(ACT)およびジャービス湾特別地域(JBT)の地方政府は統合されている。
キャンベラ 地方議会でありキャンベラ市議会やACT議会およびJBT議会に相当するオーストラリア首都特別地域立法議会(ACT立法議会)と、首長でありキャンベラ市長やACT知事およびJBT知事に相当するオーストラリア首都特別地域首相(ACT首相)が設置されている。
キャンベラ オーストラリア連邦議会の議席が上院はACTおよびJBT全体で2議席、下院は2つの選挙区がACTおよびJBTに割り当てられており、選挙区分割によってキャンベラ選挙区が設けられた。
キャンベラ 2010年のキャンベラの失業率は、3.9パーセントで、オーストラリア全体の失業率が5.3パーセントであったことから、他の地域よりも相対的に低い。失業率の低さと公共部門・商業部門の雇用に支えられ、キャンベラは、オーストラリアの中でも、1人当たりの所得が高い。2009年11月の統計では、オーストラリア全体の平均1人当たり所得が週給1223.30オーストラリアドルであったのに対し、キャンベラのそれは、1392オーストラリアドルに達する。
キャンベラ 2006年時点で、キャンベラの人口は、323,056人である。2006年の人口統計では、キャンベラの人口の1.2%が先住民系、21.7%が海外系である。キャンベラにおける最大の人口グループは、イギリスあるいはニュージーランドを出身とする英語話者のグループである。
キャンベラ 。2004年の時点で、ACT内15歳から64歳の年齢層の30%が学士号を取得している。この数字は、オーストラリア全体の19%という数字と比較しても高い。