類似の単語または同義語 ガイアナ

スリナム    0.808523

ナミビア    0.780553

バルバドス    0.776142

セントルシア    0.775602

ザンビア    0.763756

レソト    0.763648

赤道ギニア    0.761855

ボツワナ    0.760161

アンティグア    0.754917

セーシェル    0.746565

類義語または同義語 ガイアナ

Article Example
ガイアナ 17世紀から18世紀にオランダは3つの植民地(エセキボ、デメララ、バービス)を設立した。ナポレオン戦争による変遷を経て、1814年からイギリスの植民地となり、オランダ三植民地は、1831年に統合され「イギリス領ギアナ」となり、オランダ人の町だったスタブルークはイギリス王ジョージ3世の名前からジョージタウンと改名されて、イギリス領ギアナの首都になった。
ガイアナ 1834年に奴隷制度が廃止されると、砂糖工場の労働力として、まず年季奉公人としてイングランド人、アイルランド人、、ドイツ人、マデイラ諸島からのポルトガル人などが導入されたが、やがてインド人が導入され、約34万人のインド・パキスタン系移民が1838年-1917年までに流入した。彼らは主に黒人奴隷廃止後の農園労働者となった。1860年代に金が発見されて一時景気が上昇したこともあった。
ガイアナ 議会は定員65名の一院制であり、53名は比例代表による選出、12名が各州議会より選出される。
ガイアナ その郵便で発行された切手も4セント8枚、速達料金用の1セント1枚のみが使用され
ガイアナ ガイアナ共和国(ガイアナきょうわこく、)、通称ガイアナは、南アメリカ北東部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。東にスリナム、西にベネズエラ、南にブラジルと接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はジョージタウン。
ガイアナ 1978年にはガイアナの密林奥地にジョーンズタウンと名付け、移住していたアメリカのキリスト教系の新宗教団体、人民寺院(People's Temple)による集団自殺事件が発生し、教祖ジム・ジョーンズと彼の家族及び信者を含めた914人が集団自殺した。
ガイアナ 主要産業は農業で米、砂糖、ラム酒、鉱業はボーキサイトや金などを生産する。砂糖は輸出額の28%を占め、Guysuco社が多くの労働者を抱える。豊かな木材資源も有望であるとされる。漁業はエビが欧州へ輸出される。鉱業ではアルコア(旧)やリオ・ティントなど、木材では韓国/マレーシア合弁など外資が参入している。昔盛んだったゴム園は衰退した。第7代大統領ジャグデオの時代に8億ドルに上る対外債務の削減に成功した。2007年に付加価値税を導入し、徴税の効率化につながった。しかし、技術者の不足やインフラ整備の遅れが克服すべき課題である。2007年のGDPは推定30億ドル、パーキャピタは4千ドル。2006年の輸出額6億ドルに対し、製品・機械・石油など7億ドルの輸入となっている。
ガイアナ 2002年のセンサスによると、ガイアナの宗教の分類は、ヒンドゥー教が28.4%、プロテスタントが16.9%、カトリックが8.1%、イスラム教が7.2%、イギリス国教会が6.9%、セブンスデー・アドベンチスト教会が5%、その他のキリスト教が20.5%、無宗教が4.3%、ラスタファリアンが0.5%、バハーイー教が0.1%、その他の宗教が2.2%である。ヒンドゥー教は1800年代初頭にやってきたインド人が持ち込み、イスラム教はアフリカ系ガイアナ人、インド系ガイアナ人、アラブ系ガイアナ人によって信仰されている。ガイアナのキリスト教徒はプロテスタント、カトリックを問わず、全ての人種によって構成されている。
ガイアナ 英国領だった19世紀に現地人が英国に倣い始めた郵便制度で4セントと1セント切手が発行された。
ガイアナ 1955年にアフリカ系弁護士のが(PNC)を結成し、人民進歩党から分裂した。PPPは急進主義的な政策を掲げ、インド・パキスタン系の支持を受けていたのに対し、PNCは穏健主義的であり、黒人系の支持を得ていた。1961年8月の選挙ではPPPが勝利し、9月5日にはジェーガンが首相となった。ジェーガンは社会主義的な政策をさらに推し進め、砂糖産業の統制化を図ろうとしていたが、砂糖産業の労働者の多くを占めていたアフリカ系の反発を受けた。1962年4月5日にはゼネストが宣言され、それとともにジョージタウン市の焼き打ちに端を発した暴動が全国に広がった。政府はこれを制圧することができず、イギリス政府の力を借りざるを得なくなった。1964年12月の選挙でPNCが白人の利益を代表する統一勢力UPPと連立し、政権を掌握した。ジェーガンはこの選挙が無効であると主張し、退陣を拒否していたが、憲法改正によってその地位を追われた。首相に就任したバーナムはボーキサイトを国有化し、電気、通信、流通などのインフラも国家に統制されるようになった。