類似の単語または同義語 カメルーン

コートジボワール    0.789224

セネガル    0.780977

ナイジェリア    0.774911

赤道ギニア    0.763925

ブルキナファソ    0.753000

スリナム    0.742756

ナミビア    0.733139

ベナン    0.733078

トーゴ    0.731683

ドゥアラ    0.724587

類義語または同義語 カメルーン

Article Example
カメルーン 5つの地理区分に分けられる。海岸平野はギニア湾から15km-150kmまで広がり、森林で覆われ、平均標高は90m、非常に暑く、世界で最も湿度が高い所がある。南部カメルーン高地は熱帯降雨林で覆われるが、乾季と雨季が海岸平野より区別されるため湿度はやや低い。平均標高は650m。カメルーン火山列は最高峰のカメルーン山のある海岸から北部で国を東西に横断する形で連なる。気候は、とくに()は温暖で雨が多く、土地は肥沃である。
カメルーン なお、北西州にあるオク火山の火口湖の一つであるニオス湖では1986年に、最大規模の火山ガス災害が起こった。湖底に溶け込んでいた二酸化炭素の噴出により、1,700人以上が死亡した。
カメルーン 貿易相手国はフランス、ドイツ、日本の順である。対日貿易ではコーヒーの輸出が際立つ。ついで木材と綿花である。輸入ではトラック、乗用車、ついで機械である。
カメルーン 家畜放牧は全土で見られる。漁業には5,000人ほどが従事し、年間2万トンの漁獲量がある。国土の37%を占める南部熱帯雨林は木材の供給源だが、大部分の土地は入るのが困難である。木材伐採は外国企業により行われ、政府に毎年6,000万ドルの収入をもたらす。安全で持続可能な伐採を義務付けているが林業への規制は最も緩い。
カメルーン 道路は1割のみが舗装されており、悪天候も重なり、国内輸送を困難にしている。また、各地で警官等による旅行者への賄賂要求や強盗が発生し問題である。カムレール社の運営する鉄道がドゥアラ港を起点に北のクンバや西のヤウンデ、ンガウンデレを結んでいる。国際空港はドゥアラとガルアにあり、ヤウンデの規模はやや小さい。ドゥアラ港が主要な港で、南へ約150kmのクリビ港にはチャドのドバ油田から原油パイプラインが伸びており、原油積出基地がある。
カメルーン カメルーン出身の著名な文学者として、小説『下僕の生活』(1956年)で知られるフェルディナン・オヨノや反植民地主義作家として知られるモンゴ・ベティ、音楽家でありながらも小説『アガト・ムディオの息子』(1967年)を残したフランシス・ベベイ、劇作家のエンドゥンベ3世らの名が挙げられる。
カメルーン ドイツ保護領時代の1880年代に伝わって以来、サッカーが盛んである。アフリカネイションズカップでは1984年、1988年、2000年、2002年と通算4回優勝している。他に4回以上優勝した国は、エジプトとガーナだけである。FIFAワールドカップの本大会常連国としても知られ、1982年のスペイン大会で初出場以降、2010年・南アフリカ大会まで6度の本大会出場を経験しており、中でも1990年・イタリア大会では開幕戦で前回優勝国アルゼンチンを降す金星を挙げ、最終的にはアフリカ勢初のベスト8にまで勝ち進んだ。2014年・ブラジル大会が7度目の出場となる。
カメルーン 2019年にはアフリカネイションズカップの開催国となる予定である。
カメルーン バスケットボールカメルーン代表はアフリカ選手権4位となったことがあるものの、長らく低迷が続いていた。しかし、2007年に15年ぶりのアフリカ選手権出場を果たすと、準優勝となり北京五輪世界最終予選まで進んだ。
カメルーン 旧ドイツ植民地から、イギリスとフランスの植民地に分かれた経緯がある。非同盟路線を歩むが、経済、文化、軍事面でフランスとの関係が深い。1995年にイギリス連邦に加盟した。また、フランコフォニー国際機関にも加盟している。