類似の単語または同義語 オタワ

ウィニペグ    0.790558

エドモントン    0.770882

トロント    0.760234

サスカトゥーン    0.743198

ケロウナ    0.735215

アルバカーキ    0.731416

ジョージタウン    0.727624

グレンデール    0.724609

ロチェスター    0.723242

セントジョンズ    0.723012

類義語または同義語 オタワ

Article Example
オタワ 市内にはイタリア人街や中華街、ユダヤ人街が点在し、ソマリアからの難民が多いのが特徴である。インドシナ難民の受け入れをオタワが積極的に行ったため、ベトナム、カンボジアからの難民も多い。レバノン人コミュニティはモントリオールに次ぐ規模である。
オタワ ケベック州に隣接するため、フランス語系住民の数は12万人に上り、ケベック州以外の都市では最大である。市民の62.6%が英語を、 14.9%がフランス語を使用し、多くの市民は英語とフランス語のバイリンガルである。他には、中国語 (3.1%)、アラビア語 (3.0%)、イタリア語(1.3%)、スペイン語(1.2%)などが話されている。
オタワ オタワ( )は、カナダの首都。オンタリオ州東部に位置する地方行政区の一つでもある。オタワ川を挟んで隣接するガティノーを含め連邦政府の行政機関が集中する行政都市である。
オタワ オタワはケベック州の都市ガティノーを含めた周辺都市とでオタワ首都圏(NCR、)を形成している。
オタワ カナダにはアメリカの首都ワシントンD.C.とは違い、連邦政府の特別地区()が存在せず、オタワはオンタリオ州内の一都市となっている。行政レベルはトロントなどと同じ単一層自治体に位置づけられる。
オタワ 2006年の市域人口はおよそ81万人でカナダ国内ではトロント・モントリオール・カルガリーに次ぐ4番目。広域圏の人口は113万人を数えるが、カナダの中ではトロント等のような大都会というわけではない。
オタワ 1854年に市街再編、川の名からオタワに改名された。当時首都の決定を巡ってケベック、モントリオール、キングストン、トロントの4都市が激しく競い合ったが、1858年、ビクトリア女王の独断で英仏両勢力のほぼ境界に位置するオタワ(当時人口は約2万人)が選定された。
オタワ 第二次世界大戦中、オランダのユリアナ王女はカナダへ亡命し、オタワに身をよせていた。オタワ滞在中に出産を迎え、オランダ国内で生まれなければ王位継承権が与えられないオランダの法律に配慮して、カナダ政府は特別な措置として病室をオランダ領としオランダ国旗を掲げた。この時に生まれたのが、ユリアナ王女の三女(ベアトリクス前女王の妹)マルフリーテ王女である。オランダ王室はこの恩義の返礼と感謝の意を込めて、毎年チューリップの球根を贈っている。オランダとの友好をも意味するチューリップが毎年5月にチューリップ・フェスティバルの会場いっぱいに咲くことから、オタワは「チューリップ・シティ」とも呼ばれる。その数は10万本以上で世界最大規模のチューリップ・フェスティバルとなっている。同会場のインターナショナルパビリオンには、日本のパビリオンもあり、地元の日系人関係者が日本パビリオンを主催している。
オタワ 2010年12月1日以降の市長はジム・ワトソン(Jim Watson) 。
オタワ 2006年国勢調査によるとケベック州ガティノーなどを含むオタワ都市圏の人口は148万8,800人でトロント、モントリオール、バンクーバーに次ぐカナダ第4の都市である。周辺部を含まないオタワ市の人口は 81万2,129人である。 そのうち、外国生まれが22.3%を占める。