類似の単語または同義語 エヴォスモス

メネメニ    0.944239

シキエス    0.910555

ラグンド    0.909781

israil    0.907551

firedome    0.907406

يو    0.906804

soberbio    0.905360

kommissionen    0.902121

groenlo    0.900207

montet    0.900141

類義語または同義語 エヴォスモス

Article Example
テッサロニキ テッサロニキにはインドアのアリーナも多くあり、国営の"Alexandreio Melathron"やPAOKスポーツアリーナ、YMCAのインドアホールがある。テッサロニキ近隣のカルマリアをベーストする"Apollon Kalamarias F.C."やエヴォスモスをベーストする"Agrotikos Asteras FC"などのサッカーのクラブチームがある。テッサロニキをベーストするサッカーやバスケットボール、水球のクラブチームにはトーナメントで優勝した歴史もあり経験が豊富である。 テッサロニキの街はギリシャでのバスケットボール発展にとって大きな役割を果たしており地元のYMCAが最初にスポーツとして導入している。
テッサロニキ 2011年1月1日に行われた「カリクラティス改革」と呼ばれる大規模な地方制度改革によってギリシャの行政区画は大きく再編された。テッサロニキでもテッサロニキの都市的地域を構成していたテッサロニキ都市圏の13の独立した基礎自治体は6の独立した基礎自治体()と他の自治体に吸収された1地区()に再編され、これにより「テッサロニキの街」は構成されている。テッサロニキの都市的地域に含まれる自治体は最大の人口で中心部のテッサロニキと、カラマリア、ネアポリ=シキエス、パヴロス・メラス、コルデリオ=エヴォスモス、アンベロキピ=メネメニの6つの基礎自治体と以前は独立した自治体で現在はピレア=ホリティアティスに含まれるピレアである。カリクラティス改革以前は多くのかなり小規模な自治体により構成され官僚的な問題が生じていた。
テッサロニキ テッサロニキ都市圏鉄道の建設は2006年に始まっており、2014年の完成が予定され運行が開始されれば市内ではもっとも重要な公共交通機関になる。1次計画では営業距離に13駅が設けられ、1日当たり25万人が利用する予定である。テッサロニキメトロのいくつかの駅建設予定地では遺跡が発見されている。テッサロニキの交通拠点であるマケドニア中央バスステーションやテッサロニキ・マケドニア国際空港へのテッサロニキメトロの将来的な延伸は既に話し合われている。空港への延伸ではメトロの所有者であるアテネ地下鉄では地上鉄道かモノレール方式を検討している。テッサロニキ南西部の自治体カラマリア地区への延伸は既に建設計画に含まれ、北部のエフカリピアや西部のエヴォスモスへのさらなる延伸も検討されている。戦略的なプランとしてテッサロニキメトロでは2018年から2020年には3路線にする構想もある。