類似の単語または同義語 エレーラ

フスト    0.874528

リバス    0.868896

カスティージョ    0.862691

クレスポ    0.861520

ヒメネス    0.858173

パラシオス    0.854992

マリアーノ    0.853577

ギジェルモ    0.853376

ルベン    0.852865

ヘスス    0.851840

類義語または同義語 エレーラ

Article Example
エレーラ エレーラ (Herrera)
エマヌエル・エレーラ 2011年12月13日、チリアン・プリメーラ・ディビシオン(1部)のウニオン・エスパニョーラと5年契約を結んだ。2012年1月25日、コパ・リベルタドーレスファーストステージのUANLティグレス戦ファーストレグでデビューし、2月2日のセカンドレグで移籍後初得点を挙げた。グループステージではアトレティコ・ジュニオール戦、クラブ・ボリバル戦(計2点)、CDウニベルシダ・カトリカ戦で計4得点を挙げた。決勝トーナメントのボカ・ジュニアーズ戦ではホーム・アウェーの両レグでアシストを記録したが、2試合とも敗れて大会からの敗退が決まった。コパ・リベルタドーレスでは10試合に出場して5得点を挙げ、得点王争いに加わった。1月29日、プリメーラ・ディビシオン開幕戦のアウダックス・イタリアーノ戦 (2-0) では移籍後リーグ戦初得点を挙げた。その後は3試合無得点が続いたが、2月26日のCDウニベルシダ・カトリカ戦 (2-2) で2得点し、続く3月3日のCDパレスティーノ戦 (3-1) でも得点し、さらに3月10日のCDウアチパト戦 (1-3) でも得点した。3月24日のデポルテス・ラ・セレーナ戦 (5-2) では2得点を挙げ、フェルナンド・コルデーロの得点をアシストする大活躍を見せた。4月7日のCSDコロコロ戦 (4-2) では1得点してマウロ・ディアスの得点をアシストした。4月21日のサンティアゴ・ワンダラーズ戦(2-2)でも1得点し、4月28日のCDウニベルシダ・コンセプシオン戦 (4-1) では1得点してブラウリオ・レアルの得点をアシストした。レギュラーシーズンで10得点し、ウニオン・エスパニョーラは5位でファイナルラウンドの出場権を得た。プレーオフ準々決勝のCDウニベルシダ・カトリカ戦ファーストレグでは1得点1アシストの活躍で3-1と勝利し、セカンドレグは1-1で引き分けた。アペルトゥーラではセバスティアン・ウビージャと並んで得点王のタイトルを獲得した。屈強な肉体、ドリブル、まずまずの速さ、右足での重要な得点の印象などから、ウニオン・エスパニョーラではエル・タンケ(戦車)の異名を取った。
ホニー・エレーラ U20年代からチリ代表に選出されており、シドニーオリンピックに参加した。
ミゲル・エレーラ 2010年11月、2002年以来となる古巣アトランテの監督就任が発表された。クラウスーラ2011のレギュラーシーズンは4位となったが、リギージャ準々決勝でクルス・アスルに敗れた。アペルトゥーラ2011では14位でリギージャ進出を逃し、クラブ・アメリカからの興味が噂されていたエレーラはアトランテとの契約を延長しなかった。
アンデル・エレーラ バスク自治州のビルバオに生まれたが、レアル・サラゴサの下部組織で育った。2008-09シーズン、レアル・サラゴサBで頭角を現すと、セグンダ・ディビシオン(2部)に属していたトップチームで初出場を飾り、19試合に出場してプリメーラ・ディビシオン(1部)復帰を果たした。2009年8月29日、2009-10シーズン開幕戦のCDテネリフェ戦(1-0)でプリメーラ・ディビシオン初出場を記録すると、主にトップ下や両サイドハーフとして30試合に出場し、12月6日のRCDマジョルカ戦(1-4)で初得点を挙げた。2010年5月9日のヘレスCD戦(2-3)でも得点し、14位での残留に貢献した。2010-11シーズンはホセ・アウレリオ・ガイ監督がシーズン途中に解任されてハビエル・アギーレ監督が就任したが、どちらの監督にもレギュラーとして起用され、2009-10シーズンと同じ30試合出場2得点の成績を残した。2011年2月7日、アスレティック・ビルバオとシーズン終了後に5年契約を交わすことが内定した。
アンデル・エレーラ プレミアリーグ第四節、QPR戦で自身のプレミアリーグ初ゴールを記録。第5節のレスター戦ではヒールキックから自身のプレミアリーグ2ゴール目を記録した。第26節のスウォンジー戦でもゴールを記録。第31節のアストン・ヴィラ戦では2ゴールを記録し、その試合のマンオブザマッチに選ばれた。第37節のアーセナル戦ではボレーシュートをゴールを決めた。
アンデル・エレーラ 2015年1月4日、FAカップ3回戦、ヨーヴィル・タウン戦では振り向きざまにシュートを放って自身のFAカップ初ゴールを記録。同大会5回戦のプレストン・ノースエンド戦では同点ゴールを記録し、チームを勝利に導いた。チームの月間MVPに2月と4月の計2回選ばれた。
フレディ・エレーラ 9月に第36回IBAFワールドカップのパナマ代表に選出された。
エレニオ・エレーラ エレニオ・エレーラ・ガヴィラン(Helenio Herrera Gavilán、1910年4月10日 - 1997年11月9日)は、アルゼンチン、ブエノスアイレス出身の元サッカー選手、サッカー指導者。あだ名は『魔術師』。幼少期にフランスへ帰化している。
エレニオ・エレーラ また、フランス代表のアシスタントコーチ(1946-1948)、スペイン代表(1959-1962)とイタリア代表(1966-1968、フェッルッチオ・ヴァルカレッジとの2頭体制)の監督をクラブチームとの兼任で務めた。