類似の単語または同義語 ウェールズ

スコットランド    0.823855

イングランド    0.792131

アイルランド    0.768986

北アイルランド    0.707798

ヨークシャー    0.685809

イギリス    0.653634

ダラム    0.647171

グウィネズ    0.647158

ロンドンデリー    0.647089

アルスター    0.644218

類義語または同義語 ウェールズ

Article Example
ウェールズ このような過程を経てウェールズはイングランドに征服されその統治を受けることになったが、このことが逆にウェールズ人の民族意識を強めた。ウェールズ人は頑なにイングランドとの同化を拒み続け、この地に植民した異民族のほとんどはことごとくウェールズ人化していったという。イングランドの中にあってもウェールズの長弓(ロングボウ)隊は、強力な戦力として名を馳せイングランド王の軍勢にとって欠かせない戦力となった。
ウェールズ 薔薇戦争(1455年 – 1485年)の際には、ウェールズはその政争争奪の舞台になり、1485年のボズワースの戦いで勝利したリッチモンド伯がヘンリー7世として即位し、ウェールズ人のウェールズ大公の血統から出てイングランド王家に収まった(テューダー朝)。後世のテューダー家に至っては、1536年のによるウェールズ統合により、単一国家「イングランド王国」或いは「イングランドおよびウェールズ」とし、この王朝の家臣団ではウェールズ人が重要な地位を占めた。こうした経緯から、ウェールズ人は同王朝のヘンリー8世からエリザベス1世までの国王が推進したイングランド国教会創設などに協力的な姿勢を見せることになったのである。
ウェールズ 1997年、ウェールズ国民議会()の設置に関する住民投票が行われ、ウェールズ議会の設置が決定。1999年に、第1回選挙が行われた。議員は任期4年で定数60名、小選挙区比例代表併用制によって選出される。限定的ではあるが、立法権を有する。2011年選挙における各党の議席数は以下の通り。
ウェールズ ウェールズはロンドンの西方およそ200kmに位置し、アイルランドと海を隔て、リヴァプール湾、カーデガン湾、ブリストル海峡に囲まれる。国土の大部分は山地で、南北にカンブリア山脈が走る。その名前はウェールズの古名で、地質時代の古生代カンブリア紀にも名づけられた。さらに、この地域を調査した地質学者が部族名からオルドビス紀とシルル紀も命名した。北のスノードニア国立公園には最高峰スノードン山(標高1085m)がそびえる。国立公園であるスノードニア、ブレコンビーコン、ペンブルッククシャー海岸があるゴワー半島、ペンブルックシャー海岸等のあるカーデガン湾は風光明媚で遺産海岸に指定されているが、大西洋に面する海岸は数多くの難破船を出している。主な都市はカーディフ、スウォンジ、レクサム、ニューポートなどである。
ウェールズ 18世紀半ばまでウェールズの経済発展は山岳地帯を中心とする地形的要因、まばらな人口、通信手段が乏しい事もあり抑制されていた。
ウェールズ 公共の医療機関としてNHS Wales(National Health Service Wales)Wales (Welsh: GIG Cymru)がある。1946年のNational Health Service Act 1946によって設立された。90,000人のスタッフを擁し、ウェールズ最大の雇用主である。
ウェールズ ウェールズの鉄道はカーディフ中央駅をネットワークの中心として、国中に広がっている。ウェールズ議会が鉄道網の監督をしている。旅客鉄道会社としてはウェールズ全域を運行するアリーヴァ・トレインズ・ウェールズの他、ヴァージン・トレインズが北部からロンドンへ、ファースト・グレート・ウェスタン(ブリストル・ロンドン方面)、クロスカントリー・トレインズ(旧セントラル・トレインズの(カーディフ-バーミンガム-ノッティンガム)が南部に乗り入れている。
ウェールズ ウェールズで人気のあるスポーツはサッカーとラグビーである。中でもラグビーの人気は凄まじく、ウェールズ人にとってアイデンティティーの一部といわれる程。ラグビーウェールズ代表は世界的な強豪として名を馳せておりウェールズ人の誇りとなっている。ラグビーウェールズ代表として参加する大会として、ラグビーワールドカップとシックス・ネイションズがある。クラブレベルはウェールズ、アイルランド、スコットランド及びイタリアの4ヵ国合同で行われるリーグ戦Pro 12、ウェールズ・イングランドによるカップ戦アングロ・ウェルシュカップ、ヨーロッパの覇権を争う大会ハイネケンカップがある。ラグビーはウェールズラグビー協会、サッカーは世界で3番目に古いウェールズサッカー協会が管轄している。
ウェールズ F1では二人のドライバーを輩出している。一人は1967年のイギリスグランプリで1位のジム・クラークに4周遅れの9位に入ったアラン・リーズ。もう一人は1974年から1977年の間に3位に2度、ポールポジションを1度獲得したトム・プライスである。世界ラリー選手権では、1996年のドライバーズチャンピオンであるコリン・マクレーのコ・ドライバーを務めたニッキー・グリストと、2003年のドライバーズチャンピオンであるペター・ソルベルグのコ・ドライバーを務めたフィル・ミルズがいる。
ウェールズ 森林や湖、丘陵、海岸などの豊かな自然が残っている。面積の約20パーセントが国立公園に指定されている。