類似の単語または同義語 イングランド

スコットランド    0.851678

ウェールズ    0.792131

イギリス    0.788153

アイルランド    0.775685

北アイルランド    0.729553

ダービーシャー    0.708551

ランカシャー    0.690955

レスターシャー    0.686853

ウィルトシャー    0.682369

ウスターシャー    0.671257

類義語または同義語 イングランド

Article Example
イングランド 927年にアゼルスタンがイングランド王国を建国。一時イングランド王国はデンマーク王クヌーズ(カヌート)に征服されるが(デーン朝)、その後再びアングロ・サクソンの王家(ウェセックス朝)が復興する。1066年ノルマンディー公ギヨーム2世に征服され、ギヨームがウィリアム1世(征服王)として即位、ノルマン朝が開かれた。ノルマン朝がスコットランドへのノルマン・コンクエストを開始し、アングロ・サクソン系の支配者層はほぼ一掃され、フランス語が国王・貴族の公用語となった。プランタジネット朝は英仏に広大な領土をもつ「アンジュー帝国」となるが、この時期になるとフランス系のイングランド諸領主も次第にイングランドに定着し、イングランド人としてのアイデンティティを持ちはじめた。スコットランド独立戦争は、13世紀から14世紀にかけて長期にわたりイングランド軍が北部を攻撃したが、1314年にロバート・ブルースがスコットランドの大部分を再征服し、スコットランドの独立を保った(バノックバーンの戦い)。
イングランド イングランドはグレートブリテン島の南部約3分の2とランズエンド岬南西の大西洋上にあるシリー諸島、イギリス海峡にあるワイト島などの周辺の小さい島で構成されている。北方はスコットランドと、西方はウェールズと接する。連合王国の中で最もヨーロッパ大陸に近く、対岸のフランスまで約 33km である。
イングランド 連合王国(イギリス)の中では最大である。ヨーロッパの上位500社のうち100社がロンドンに存在する。イングランドは高度に工業化されており、世界経済の中心の一つであった。化学工業、製薬、航空業、軍需産業、ソフトウェアなどが発達している。
イングランド イングランドは工業製品を輸出し、プルトニウム、金属、紅茶、羊毛、砂糖、木材、バター、肉のような資源を輸入している。ただし、牛肉に関してはフランス、イタリア、ギリシャ、オランダ、ベルギー、スペインなどへ輸出している。
イングランド 16世紀のヘンリー8世によるローマとの分裂と修道院の解散は教会に大きな影響を与えた。イングランド国教会はアングリカン・コミュニオンの一部であり、依然としてイングランドのキリスト教で最も大きい。イングランド国教会の大聖堂や教区教会は建築学上、意義のある重要な歴史的建築物である。
イングランド イングランドのユダヤ教のコミュニティは主にロンドン、特にゴルダーズグリーンのような北西部の郊外に存在する。
イングランド イングランドには様々な食べ物がある。たとえばコーンウォール州の錫鉱山の坑夫の弁当から発達したコーニッシュ・パスティー (Cornish Pasty) には挽肉と野菜が入っている。縁が大きいのは錫を採掘したときに付く有害物質を食べないようにするためで、縁は食べない。また、レストランやパブのメニューにはシェパーズパイがあり、スコーンも有名である。
イングランド 2012年夏季オリンピックは7月26日から8月12日まで首都ロンドンで開催された。ロンドンは1908年、1948年にもオリンピックを開催しており、同じ都市で3度開催されるのは史上初である。(実際には1944年に開催が予定されるも、第二次世界大戦による戦局悪化により返上された。夏季五輪は非開催となった大会も回次に加えるので、公には4回目の開催で史上最多であることには変わりはない)
イングランド 日本においては「イングランド」または「イングランドおよびウェールズ」を指して、しばしば(通常は「連合王国」の意味で用いられる)「イギリス」(英吉利)または「英国」という呼び方が用いられることがあり、このうち「英国」と言う場合は連合王国全体ではなく狭義に「イングランド」(英格蘭)を指す意味で使用される場合がある。
イングランド また、日本語に限らず、様々な言語で文脈によってはウェールズを含めた意味もしくは連合王国全体を指して「イングランド」に相当する単語が用いられることもある。しかし、いずれも実情を正確に反映したものではなく、ポリティカル・コレクトネスに反する(政治的に正しくない)とされる。