類似の単語または同義語 イグナシオ

ヘスス    0.858817

フスト    0.852188

アグスティン    0.850237

エレーラ    0.844662

ヒメネス    0.843206

ミゲル    0.842415

ゴンサロ    0.838631

ビセンテ    0.838555

ベラスコ    0.836079

ホルヘ    0.833443

類義語または同義語 イグナシオ

Article Example
イグナシオ イグナシオ(Ignacio)は、スペイン語の男性名。イグナティウス、イグナティオス、イニャツィオ、イグナツ、イニャキなどに対応する。
イグナシオ・ラモネ イグナシオ・ラモネ・ミゲス(イニャシオ・ラモネ、イグナシオ・ラモネットとも、Ignacio Ramonet Miguez、1943年5月5日 - )はフランスのジャーナリストで、月刊紙『ル・モンド・ディプロマティーク』元編集総長。スペイン・ガリシア地方のポンテベドラ県レドンデーラ出身。市民団体「ATTAC」創設者。
イグナシオ・スコッコ 2004年7月27日、コロンビア戦でU-20アルゼンチン代表デビューした。11月3日にはパラグアイ戦 (2-0) で2キャップ目を飾り、77分に初得点を挙げた。2005年には、リオネル・メッシやセルヒオ・アグエロなどとともにFIFA U-20ワールドカップのメンバーに選出され、ウズベキスタン戦とマリ戦の2試合に出場した。U-20代表では通算12試合に出場して3得点した。
イグナシオ・フィデレフ ニューウェルズ・オールドボーイズのユース出身で、2008年にトップチームデビューを果たし、そのデビュー戦となったCAラヌース戦でいきなりゴールを決めている。
イグナシオ・エイサギーレ イグナシオ・エイサギーレ・アルレギ(Ignacio Eizaguirre Arregui, 1920年11月7日 - 2013年9月1日)は、スペイン・サン・セバスティアン出身の元サッカー選手。スペイン代表である。ポジションはGK。
イグナシオ・コモンフォルト ホセ・イグナシオ・グレゴリオ・コモンフォルト・デ・ロス・リオス(、1812年3月12日-1863年11月13日)は、メキシコの政治家。自由主義派の政治家で、レフォルマの幕を開けた。
イグナシオ・コモンフォルト コモンフォルトは1812年にフランス人の両親の元でプエブラで生まれ、ニコラス・ブラボのもとで米墨戦争に参加し、戦後はアカプルコの税関長の座に着いた。1855年、サンタ・アナの暴政に対し南部の自由主義派領袖(カウディーリョ)であるフアン・アルバレス()がアユトラ綱領を発表して決起したさいコモンフォルトも賛同し、サンタアナを破って首都メキシコシティへと凱旋した。アルバレスは大統領に就任したもののすぐに隠退し、改革の実務は1855年12月11日に大統領の座を譲られたコモンフォルトが行うこととなった。コモンフォルトの下には副大統領ベニート・フアレスやメルチョール・オカンポ、経済学者ミゲル・レルド・デ・テハーダ()など自由主義派のそうそうたる人材が揃い、そのもとでコモンフォルトは改革を実行していった。1857年2月、自由主義的な1857年憲法が制定された。
イグナシオ・ベリスタイン 数多くの名選手を育て上げた世界有数の名トレーナーであり、名伯楽として名高い。その反面、マネージャーとしての評価は低く、門下のマルケス兄弟の不遇などを例に上げ、そのマネージメント能力が疑問視されている。しかしジョー小泉いわく「勝たせるのがうまい」という戦術家ぶりでメキシカンの日本人キラーぶり(※ナチョが来日しセコンドについた世界戦でメキシコ人が負けた事が無い)の影に彼の姿が多く見受けられる。門下生を一から指導する才能よりも、依頼を受けた一試合のみで選手を勝たせてしまうことが得意といえる。特にメンタル面とディフェンスの指導に定評があり、王座になった時と勝利を勝ち取った時はどうなのかと行ったことを話したりしてメンタル向上を図ったり、ディフェンスでは門下生の試合映像を見せて、アドバイスをしてディフェンスの不安を取り除いたりしている。
イグナシオ・カヌート イグナシオ・カヌート(Ignacio Canuto, 1986年2月20日 - )は、アルゼンチン・サンタフェ出身の同国代表サッカー選手。リーガMX・クラブ・レオン所属。ポジションはディフェンダー。
イグナシオ・カヌート 2006年6月20日のロサリオ・セントラル戦でデビュー。