類似の単語または同義語 アングロ

サクソン    0.734099

アングロサクソン    0.667033

アイルランド    0.641813

ケルト    0.626301

スコットランド    0.625072

スカンディナヴィア    0.621332

ブリトン    0.619391

アイリッシュ    0.618292

ウェールズ    0.607921

クレオール    0.592534

類義語または同義語 アングロ

Article Example
アルフレド・アングロ 最初はボクシングが好きではなかったが、暇をもてあましていたのでボクシングジムへ入会した。そして1ヶ月後には試合に出場するようになり、1年半後にはオリンピック代表に選ばれた。5歳の時に父親が亡くなっている。
アルフレド・アングロ 2004年、メキシコ代表としてアテネオリンピックボクシングミドル級(75kg)に出場し、1回戦でアンディ・リー(アイルランド)に敗北した。
アルフレド・アングロ 2010年7月17日、ジョアシャン・アルシーヌ(ハイチ)とWBCアメリカ大陸スーパーウェルター級王座及び WBC世界スーパーウェルター級挑戦者決定戦を行い、1回TKO勝ちを収め同王座への挑戦権を獲得した。
アルフレド・アングロ 。試合は初回から一方的な展開となりレフェリーが試合を止め10回47秒TKO負けを喫しアングロは再起に失敗し2連敗となったが、一方的であったもののアングロはダウンを1度もしておらず試合終了まであと2回であったことなどから試合をとめたレフェリーに対して早すぎたストップだとして観客から大きなブーイングが飛ばされた。
アングロ・ウェルシュカップ * 両チーム優勝。
アングロ・アメリカン アングロ・アメリカン(Anglo American PLC, 略称:AAC、AAUKなど)は、主に鉱業資源などを取り扱ういくつかの企業の運営元、投資グループである。本社はイギリスのロンドン。
アングロ・ウェルシュカップ イングランドからはプレミアシップ12クラブ、ウェールズからはケルティックリーグ4クラブの計16クラブが参加。
アングロ・ウェルシュカップ 16クラブを4プールに分けてグループ内で総当り戦を行っていたのを、2010-11年のシーズンからはグループ内ではなく、第1プールのチームは第4プールのチームと、第2プールのチームは第3プールのチームとそれぞれ総当たり戦を行うという方式になった(試合数は1チーム当たり3試合から4試合に増加)。各プール最上位クラブが準決勝に進出。ノックアウトトーナメントで優勝を決める。
オスカー・アングロ は、スペインの国内リーグであるディビシオン・デ・オナーのC.B.ビラデカンスでプレーした。
オスカー・アングロ からは、CBバルセロナでプレーしている。同年は、2011年パンアメリカン競技大会野球競技予選にベネズエラ代表として選出されている。