類似の単語または同義語 アルコナーダ

ペレア    0.863976

アラゴネス    0.854897

モロウニー    0.844268

ベルランガ    0.831680

クレシッチ    0.826375

マルチェナ    0.826042

フォルラン    0.820072

エラディオ    0.819853

アスプリージャ    0.817797

カルドーソ    0.816822

類義語または同義語 アルコナーダ

Article Example
ゴンサロ・アルコナーダ 2001年からレアル・ソシエダのBチームを率いていたが、クラブがホセ・マリア・アモロルトゥ監督を解任したことにより、2006年1月に急遽トップチームの監督に就任した。ところが成績は上昇せず、同年4月に解任された。2007-08シーズン、セグンダ・ディビシオン(2部)に所属していたCDヌマンシアをプリメーラ・ディビシオン(1部)昇格に導いた。2008-09シーズンはウナイ・エメリの後任としてUDアルメリアの監督に就任したが、2008年12月、成績不振により解任された。2009年夏、セグンダに降格したCDヌマンシアの監督に復帰した。
ルイス・アルコナーダ ルイス・アルコナーダ(Luis Miguel Arconada Etxarri 、1954年6月26日 - )は、スペインのサン・セバスティアン出身のサッカー選手。元スペイン代表である。ポジションはGK。
ゴンサロ・アルコナーダ ゴンサロ・アルコナーダ(Gonzalo Arconada Echarri, 1961年10月15日 - )は、スペイン・サン・セバスティアン出身のサッカー指導者。
ゴンサロ・アルコナーダ 1980年代に活躍したルイス・アルコナーダの弟である。
ルイス・アルコナーダ スペイン代表としては、1976年のモントリオール五輪に出場した。1978年のアルゼンチンW杯と1982年のスペインW杯の2度のワールドカップに出場した。1980年と1984年の2度のUEFA欧州選手権に出場した。彼はその時代に最も活躍したGKのひとりと考えられているが、1984年の欧州選手権決勝のフランス戦では敗戦に繋がるミスを犯した。
ルイス・アルコナーダ CDヌマンシアなどで監督を務めたゴンサロ・アルコナーダは、ルイスの弟である。
ルイス・アルコナーダ クラブは生涯を通じてレアル・ソシエダに在籍し、プリメーラ・ディビシオンでは551試合に出場した。スペイン代表では68試合に出場した。
グレゴリー・ベランジェ 2010年6月、かつての恩師ゴンサロ・アルコナーダが率いるCDテネリフェへ2年契約で完全移籍した。
ジョアン・ミレッ 9歳の頃からGKを始めた。ミレッの育った地域では当時は人気の無いポジションだったという。少年期に憧れたGKはスペイン代表のホセ・アンヘル・イリバルとルイス・アルコナーダ。後に「イリバルはアルコナーダほどのポテンシャルは無かったが、優れた技術とポジショニングで衰えを感じさせなかった」と分析し、指導に活かしている。
ハビエル・ウルティコエチェア 1969年にレアル・ソシエダの下部組織に入団すると、サン・セバスティアンCF(Bチーム)で丸3年間過ごし、1972-73シーズンにトップチームに昇格してルイス・アルコナーダとポジションを争った。結局アルコナーダとのポジション争いに敗れ、1977年にRCDエスパニョールに移籍。1980-81シーズンにはドン・バロン・アワードの最優秀スペイン人選手賞を受賞した。