類似の単語または同義語 アルキ

ショーム    0.489432

イントラーダ    0.471824

ンバラ    0.470346

オフィクレイド    0.470150

vicc    0.460273

フォープレイ    0.459813

パイプス    0.454547

トルヴェール    0.454534

ピロクテテス    0.453264

ディキシーランド    0.447065

類義語または同義語 アルキ

Article Example
アルキ Caduna, Canala, Cannella, Colle della Guardia, Colle Verri, Fara d'Archi, Fonte Cittadone, Fonte Maggiore, Grotte, Ischia d'Archi, Macchie Pianello, Montagna, Piane d'Archi, Pianello, Rascitti, Rongiuna, Ruscitelli, San Luca, Sant'Amico, Solagne, Valle Franceschelli, Zainello
アルキ アルキ (Archi) は、人口2,330人のイタリア共和国アブルッツォ州キエーティ県のコムーネの一つである。
アルキ (フランス軍) アルキ(Harki)は、アルジェリア戦争でフランス側に協力して戦ったアルジェリア人兵士及びその家族である。
アルキ (フランス軍) アルキはアルジェリア植民地に駐留するフランス軍に徴用されたムスリムの補充兵で、最後までフランス側に立って戦ったためアルジェリア民族解放戦線(FLN)に裏切り者とされて多数処刑されただけでなく、1962年のエビアン協定成立後にはかえって成立前を上回る死傷者を出している。エビアン協定成立後も独立を承服できない秘密軍事組織(OAS)による破壊活動は継続しており、その報復がアルキに対してなされることが当然予想されたにもかかわらず、当時のドゥブレ内閣はアルキ部隊を解散し武装解除を行っておきながらフランス本国への渡航を禁じた。フランス本国へ逃れることが出来た者はアルキに同情的な将校や下士官の手引きによるものだったと言われている。
アルキ (フランス軍) アルキ以外の引揚者に対しては1962年の受入れ措置や再定着支援に始まり、数度にわたって海外で喪失した資産に対する補償が行われてきたが、アルキはフランス軍の駐屯地や過疎地のプレハブ住宅団地にあたかもフランスの敗北を隠すかのようにして隔離・集住させフランス社会への適応のための支援を怠り続けたことにより、不適応は第1世代だけでなく第2・第3世代にまで及ぶようになった。フランス社会へ統合されないことへの抗議は第2世代によって1970年代から行われるようになった。アルキの要求は以下のようにまとめることができる。
アルキ (フランス軍) 1974年の兵士資格法によってアルキに兵士としての資格が認められ、次いで1987年の引揚者法で6万フランの一括手当てという形で補償が初めて支給された。また、1994年の法では追加の手当や援助の支給を認めただけでなく、アルキの犠牲に対する国家の感謝が初めて表明された。
アルキ (フランス軍) 2001年にようやく当時のシラク大統領が、「フランスはこれまで彼らにふさわしい地位を与えてこなかった」と遺憾の念を表明しアルキ顕彰式典を開いた。この式典は後に継続的に開かれることになり、2003年には9月25日を「アルキ及びその他の補充部隊員を讃える国民の日」とするデクレが正式に決定された。こうした転換の背景には、アルジェリア独立がいわば厄介払いとして国民投票で承認され、その後も政府が一貫して忘却政策を一貫してきたことからの転換がある。1999年以降の一連の法や顕彰事業、記念日の制定を通じての過程でかつては忘れ去られようとしていた植民地の歴史は引揚者や兵士の貢献と犠牲に感謝するだけでなくアルジェリア戦争を肯定する考え方が生じ、そのひとつの帰結として2005年引揚者法がある。この法律においてアルキの境遇に対する国家の責任の言及が期待されていたが、国民議会はアルキの名誉回復と精神的補償は解決済みとの立場をとり、物的補償に関してほぼアルキを対象としているにもかかわらず、アルキを一般引揚者に包摂し、引揚者一般に対する感謝という論理を採るものであった。
ムアン=サルトゥー アルジェリア独立戦争末期には、アルキの家族を住まわせるため、コミューンに1962年から集落が建設された。この集落は時にティムガッド収容所(le camp de Timgad)と呼ばれた。ここには1980年代初めまで人が住んでいた。
声聞師 室町時代(14世紀 - 16世紀)には、寺に属しあるいは没落して民間に流れ、その活動が活発化する。15世紀に尋尊が記した日記である『大乗院寺社雑事記』によれば、大和国奈良の興福寺では、「五ヶ所」「十座」といった集団的居住地「声聞師座」を形成し、同寺に所属する「声聞師」たちがそこに生活の根拠を置いた。同寺に属する「声聞師」たちは、「猿楽」、「アルキ白拍子」(漂泊する白拍子)、「アルキ御子」(漂白する巫女)、「鉢タタキ」(鉢叩)、「金タタキ」(鉦叩)、「アルキ横行」(漂白する横行人)、「猿飼」といった国内の「七道者」を支配し、各地から来た彼らから金銭を受け、そのかわりに巡業の手配を行ったとされる。自らは、「陰陽道」のほか、釈迦の説法である「金口」、「暦星宮」、「久世舞」(曲舞)、「盆・彼岸経」、「毗沙門経」(毘沙門経)等の芸能をもって生業としたとされる。この時期、興福寺や春日大社、法隆寺での猿楽を行った「声聞師座」(大和四座)は、
アルキメデス アルキメデスはまた数学の分野にも大きな貢献を残した。級数を放物線の面積、円周率計アルキ代数螺旋の定義、回転面の体積の求め方や、大数の記数法も考案している。彼が物理学にもたらした革新は流体静力学の基礎となり、静力学の考察はてこの本質を説明した。