類似の単語または同義語 アグスティン

フスト    0.854944

イグナシオ    0.850237

ヘスス    0.846004

ヘロニモ    0.844696

エレーラ    0.840813

ゴンサロ    0.835851

カルデナス    0.832766

ジョアキン    0.832266

ルベン    0.831495

ギジェルモ    0.831371

類義語または同義語 アグスティン

Article Example
アグスティン アグスティン(Agustin)は、スペイン語圏の男性名。アウグスティヌスに由来する。
アグスティン・カレリ カレリは2010年に現役を引退した。
アグスティン・アニエヴァス アグスティン・アニエヴァス(Agustin Anievas, 1934年 - )はアメリカ合衆国のピアニスト。ショパン、リスト、ラフマニノフの専門家として知られる。
アグスティン・タマメス プロ年代は1969年から1977年まで。
アグスティン・タマメス 1975年の総合優勝を含め、ブエルタ・ア・エスパーニャでは5回総合10位以内に入った。また、区間優勝は11回経験。
アグスティン・バリオス バリオスの作品は、3つの根本的なカテゴリーに分けることができる。国民楽派、パスティーシュ、宗教性である。中米や南米の民謡を模倣した楽曲を創り出すことによってバリオスは母国の音楽伝統や民衆に敬意を払っている。バロック音楽やロマン派音楽の時代様式と作曲技法を模倣することは、バリオスの職人芸の一端であり、《大聖堂("La Catedral")》(1921年)はバッハの摸作と看做し得る。この《大聖堂》は、バリオスの宗教体験に触発されており、したがって宗教的な楽曲に分類してもよい。信仰心や宗教体験は、バリオスの作曲過程においても重要な役割を担っている。「最後のトレモロ」という通称で知られる《神様のお慈悲に免じてお恵みを("Una Limosna por el Amor de Dios")》は、信仰心に触発されたもう一つの例である。バリオス作品を分析してこれら3つのカテゴリーに分けることは、ギター音楽愛好家にとって、作曲者の音楽的な意図を理解する手引きになるであろう。
アグスティン・ロドリゲス レアル・マドリード・カスティージャ出身の選手であり、1980年にトップチームに加わった。そして、マリアノ・ガルシア・レモンの負傷により1981年4月4日のリーガ・エスパニョーラUDサラマンカでトップチームデビュー。
アグスティン・ロドリゲス しかし、ミゲル・アンヘル・ゴンサレスやフランシスコ・ブーヨの陰に隠れてしまい、1982-1983シーズンにはサモラ賞を獲得したものの安定した出場機会を得ることができなかった。1990年にCDテネリフェへ移籍し、1994年に現役を引退した。
アグスティン・アランサバル アグスティン・アランサバル(Agustín Aranzábal、1973年3月15日 - )は、スペイン・ギプスコア県出身の元サッカー選手。スペイン代表であった。現役時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック)。
サン・アグスティン サン・アグスティンは、1757年にスペイン人修道士サンタ・ヒエルトゥディスが旅行記に記したことが最初の記録とされる。その間、エル・ドラドを求める好事家や一攫千金を求める山師のような人々によって遺跡は所々荒らされたようである。1913年から14年にかけてマグダレナ川流域を調査したドイツの人類学者、コンラード=テオドール=プロイス(Preuss,K.T.)によってサン・アグスティンの重要性が正当に評価かれるようになり、1929年に報告書として公刊された。その後、1956年に『自然の驚異』という書物に大きく紹介されたり、シヌー文化の研究でも知られるライヘル・ドルマトフなど国内外の研究者たちによって現在に至るまで数多くの調査が行われている。