類似の単語または同義語 ょろうぐも

ゅうべえくえすと    0.866309

ゅうきかんじゅう    0.860178

jewelincle    0.839681

ょそこ    0.838142

ゅりな    0.830781

ょてい    0.827154

ょしらく    0.824153

ょうがん    0.823899

ぱんぐ    0.823021

ゅのん    0.818972

類義語または同義語 ょろうぐも

Your secret weapon. Online courses as low as $11.99

Article Example
絡新婦の理 『絡新婦の理』(じのことわり)は、京極夏彦の長編推理小説・妖怪小説。百鬼夜行シリーズ第五弾である。
絡新婦 絡新婦(じ)は、日本各地に伝わる妖怪の一種。美しい女の姿に化けることができるとされていることから、本来の意味からの表記は「女郎蜘蛛」で、「絡新婦」は漢名を当てた熟字訓である。鳥山石燕の『画図百鬼夜行』では、火を吹く子蜘蛛たちを操る蜘蛛女の姿で描かれている。
絡新婦 「孫六女郎蜘(じ)にたぶらかされし事」と題し、以下のように述べられている。作州(現・岡山県)高田での夏、孫六という者が家の縁側でうとうとしていると、50歳代ほどの女性が現れ、自分の娘が孫六に想いを寄せていると言い、自分の屋敷へ孫六を招いた。そこには16-17歳の娘がおり、孫六に求婚した。孫六は妻がいるので断ったが、娘は「母は一昨日あなたに殺されかけたにもかかわらず、あなたのもとを訪ねたというのに、その想いを無にするのか」とすがりついた。孫六が当惑して逃げ惑っている内に屋敷は消え、自分は自宅の縁側にいた。妻が言うには、孫六は縁側で眠っていたとのことだった。夢だったかと思って周囲を見ると、小さなジョロウグモがおり、軒にはびっしりとクモの巣が張られていた。孫六は一昨日クモを追い払ったことをはっと思い出したという。