類似の単語または同義語 ょうてつの

ゅうべえくえすと    0.864759

ゅげむ    0.841882

ゅぎょう    0.837564

ょうてつ    0.830843

ゅういちぶんのいち    0.830096

ぇじぇじぇ    0.826064

ゅのん    0.824705

ょしらく    0.824310

ゅりな    0.822835

ょしだいひょう    0.822745

類義語または同義語 ょうてつの

Article Example
じょうてつバスカード じょうてつバスカードは、じ路線バスで利用できる乗車カードである。
定山渓鉄道線 "鉄道部門廃止以降の会社の沿革についてはじ項目を参照のこと。"
真駒内駅 1920年(大正9年)から1969年(昭和44年)には、この駅より北に定山渓鉄道(現、じ真駒内駅があった。この真駒内駅についても述べる。
定山渓鉄道線 定山渓鉄道線(じょうざんけいてつどうせん)は、かつて北海道札幌市白石区の東札幌駅(開業当初は白石駅)から南区の定山渓駅を結んでいた定山渓鉄道(現、じ鉄道路線である。1969年に廃止された。
東光ストア 母体となったじ地盤である札幌圏にドミナント出店する戦略を採り、価格よりも品質や鮮度や美味しさを重視した品ぞろえを行い、道内では品質と鮮度の良さで定評のある食品スーパーとの評価を得るようになった。
共通ウィズユーカード 札幌市交通局では2001年から2005年までICカード「S.M.A.P.カード」の実証実験を行ったのち、2009年1月30日に地下鉄にICカード乗車券「SAPICA」を導入し、2013年6月22日からは市電および中央バス、ジェイ・アール北海道バス、じ各路線バスにも導入。また、同日からはこれらのSAPICA導入交通機関において、東日本旅客鉄道(JR東日本)のSuicaをはじめとする全国交通系ICカード相互利用対象となる各カードも利用可能となった。
北海道北見バス 東急は2009年(平成21年)5月19日、地方バス事業の今後の発展が見込めないことや経営資源の東急沿線集中などを理由に、中期経営計画に基づき北海道北見バスを含むグループ8社の株をジェイ・ウィル・パートナーズが運営管理する合同会社に売却し傘下から外すことを発表した。同年10月1日付で東急グループから離脱となり、北海道内では最大9社を数えた東急グループのバス事業者はこれによりじみとなった。
東光ストア 2004年10月、第二位の株主(当時)であった東急ストアと商品調達や物流、人事、システムで業務提携して東急グループの経営資源を活用して競争力強化を目指した 。11月に東京急行電鉄(東急)がじょうてつとじグループ会社が保有していた株式を取得し、東急の子会社とした後、2006年2月に東急ストアが東急から株式の50.2%を取得して子会社化するなど東急グループ内での再編を進めて強化するテコ入れが行われた。
国鉄キハ08系気動車 実際の運用にも制約を受け、多くの場合はキハ21形やキハ22形など、より軽量で性能に余裕のある一般型気動車と併結運用することで非力さを補うことが多かった。苗穂配置車は、定山渓鉄道線(1969年廃止、現社名・じ東札幌 - 札幌間の乗り入れ列車との併結運用など、限られた運用に充てられていた。釧路配置車はその非力さ故に、急峻な狩勝峠越えでは9600形蒸気機関車を補機として連結する必要があったという。このため急勾配でない帯広以西、主として根室方面(現・花咲線)での運用に充てられていた。
越後交通長岡線 こうして1915年(大正4年)10月7日与板 - 大河津 - 寺泊間が長岡鉄道として開業した。1916年(大正5年)1月5日西長岡 - 与板間が延伸開業、1921年(大正10年)11月18日来迎寺 - 西長岡間(来迎寺線)が延伸開業し、全線開通を果たした。1928年(昭和3年)には日本で初めてディーゼルカーを導入している。沿線住民には長鉄(ち通称で親しまれていた。しかし、国鉄長岡駅への乗り入れが無く、非電化路線であることから運行速度の遅い長岡鉄道は深刻な赤字に悩まされた。そのため1950年(昭和25年)に経営再建のために衆議院議員であった田中角栄が社長に就任し、1951年(昭和26年)より高速化のために全線電化が行われた。この成果により田中は当時旧新潟3区の中では疎遠であった三島郡を票田とすることに成功する。電化により1日数本であった本数も増発・高速化されたため、従来長岡市内への通勤・通学者は冬季間の下宿を余儀なくされていたが、通年して通うことが可能となった。夏になると寺泊方面に行く海水浴客で賑わい、客車も「マッチ箱」の愛称で親しまれていた。