類似の単語または同義語 ょうけん

ょうとう    0.768462

ょうこう    0.767278

ょうせん    0.763026

ょうげん    0.750022

ょうおう    0.749977

ょうかん    0.749090

ゅうろく    0.746963

ょうゆうびんきょく    0.740829

ゅし    0.740149

ゅふ    0.736598

類義語または同義語 ょうけん

Article Example
座(猟犬座、Canes Venatici)は星座の1つ。
1687年にヨハネス・ヘヴェリウスによって設定された。ヘヴェリウスは星図の中で、北側の犬にギリシャ語で「小さな星」を意味するアステリオン ("Asterion") と、南側の犬にギリシャ語で「楽しみ」を意味するカラ ("Chara") とそれぞれ名付けている。
日本ではかつて、かりいぬ座と呼ばれた。
1533年に、ドイツの人文主義者が描いた星図にうしかい座に連れられた猟犬の絵が描かれているが、これは現在のり座の位置とは異なり、また特定の星と結び付けられたものではないため、り座の起源とは見做されていない。
新しい星座のため、神話はない。
座ベータ星 座β星(りざベータせい、Beta Canum Venaticorum, 略称 β CVn)は、り座で2番目に明るい恒星である。
座矮小銀河 座矮小銀河を構成する恒星は、100億歳以上の古い恒星が多い。金属量は、ととても低く、重元素の量が少なくとも太陽の110分の1以下であることを示している。また、この銀河は約60個のこと座RR型変光星を含み、また金属量の豊富な()若い恒星(10億歳から20億歳)も少量存在し、質量の約5%、光度の約10%を占める。これらの若い恒星は、銀河の中央に集まっている。現在は、り座矮小銀河の中で星形成は行われていない。また、これまで中性水素原子は検出されておらず、存在するとしても上限は3万太陽質量である。
座アルファ星 この星は実視連星で、合わせた視等級は約2.8等である。2つの星は約20″離れていて、小さな望遠鏡で容易に分離して見ることができる。
座ベータ星 分光光学による観測では、3auの軌道を6.65年の周期で回る伴星の存在が示唆されているが、測定器の感度限界まで用いてもこの恒星には伴星が見つかっていない。また褐色矮星がこの恒星を巡る軌道に無いか探索されたが見つかっていない。
座ベータ星 2006年、天文生物学者マーガレット・ターンブルはり座β星を地球外生命探査において最も有望な恒星と位置づけた。