類似の単語または同義語 ょうぎ

ゅうろく    0.721738

ょういちろう    0.699732

ょうけん    0.695879

ょうざん    0.693841

ゅうごう    0.685186

ょうとう    0.684493

ょうせん    0.671395

ゅふ    0.670742

ょうこう    0.669163

ょうちゅう    0.668877

類義語または同義語 ょうぎ

Article Example
座(定規座、Norma)は、南天の星座の1つ。小さく目立たない星座である。
1756年にフランスの天文学者ニコラ・ルイ・ド・ラカーユが作成した天球儀に初めて描かれた。最初ラカーユは、"l'Équerre et la Règle" と名づけた。これは、製図用具の直定規と曲尺を意味する。かつては、"Quadrans Euclidis"(ユークリッドの定規座)とも呼ばれたこともある。
太陽の存在する銀河系は、その他の同型の多くの銀河と同様に、重力の力によって比較的平たい銀河円盤上に配列された恒星から構成される。この銀河円盤は回転し、中央の高密度の領域にある恒星は、銀河円盤の端にある恒星よりも速く動いている。結果として、銀河の形をその真上か真下から見ると、渦巻きの形になる。
星座全体が天の川にかかっているので、多くの星雲・星団がある。
腕(Norma Arm)は、銀河系の銀河核から放射状に伸びる渦状腕の1つである。じ腕の内側の部分は、狭い意味でのじ腕である。外側の部分は、はくちょう腕とも呼ばれ、ペルセウス腕の外側に位置する。じ腕の半径は15.5 ± 2.8キロパーセクである。地球から見るとじ座の方角に見えることから、この名前が付けられた。
現在、この星座にはα星とβ星がない。
1930年にウジェーヌ・デルポルトが星座の境界線を定めた際、じ座のα星はさそり座N星、β星はさそり座H星とされた。
局部的な重力の大きさの違いによって、渦は、いくつかの「渦状腕」から構成される。渦状腕自体も非常に多数の恒星から構成される。
道の駅み 道の駅み(みちのえき み)は群馬県富岡市にある一般県道上小坂四ツ家妙義線の道の駅である。
じゃんけんし じゃんけんしは学研の頭のよくなるゲームシリーズのひとつで、立方体に描かれたじゃんけんの優劣で駒もしくはゴールを取り合う2人用ボードゲームである。