類似の単語または同義語 ゅようたい

ゅうべえくえすと    0.842588

ょしらく    0.836445

ゅうろく    0.836412

ゅりな    0.835526

ょうのう    0.835129

ょしだいひょう    0.833977

ゅうきかんじゅう    0.828724

ゅげむ    0.826391

ゅしん    0.825868

ょうせい    0.824420

類義語または同義語 ゅようたい

Article Example
セロトニン受容体 セロトニン受容体(セロトニンじ、、5-HT receptor)は主に中枢神経系にある受容体の一群である。
アセチルコリン受容体 アセチルコリン受容体(アセチルコリンじ、、AChR)は神経伝達物質であるアセチルコリンの受容体である。アセチルコリンによって刺激されるので、コリン作動性受容体とも呼ばれる。
光受容体 光受容体(ひかりじ)とは、生物が持つ受容体のうち、光を刺激として受容する化合物(有機分子、蛋白質)や感覚器(光受容細胞、視細胞)を指す。
ドーパミン受容体 ドーパミン受容体(ドーパミンじ、)は主に中枢神経系にあるGタンパク質共役受容体(GPCR)の一種であり、神経伝達物質であるドーパミンと結合する。
ホスホリパーゼA2受容体 ホスホリパーゼA2受容体(-じ)とは、"PLA2R1" 遺伝子によってコードされている酵素である。ホスホリパーゼA2は、リン脂質から脂肪酸を遊離させる酵素である。一部のヘビ毒などにも含まれる。
イノシトールトリスリン酸受容体 イノシトールトリスリン酸受容体(イノシトールトリスリンさんじ、英:Inositol trisphosphate receptor、IPR、IP受容体)はイノシトールトリスリン酸 (IP) により活性化される、カルシウムチャネルの働きをする膜糖タンパク質群である。IP受容体はネズミの小脳から最初に精製された。
P2X受容体 P2X受容体(P2Xじ、)は、陽イオン透過性であり、細胞外アデノシン三リン酸(ATP)と結合して反応する受容体である。ファミリーに属する。P2X受容体はヒトのほか、マウス、ラット、ウサギ、ニワトリ、ゼブラフィッシュ、ウシガエル、吸虫、アメーバ等、多種多様な種に存在する。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬 アンジオテンシンII受容体拮抗薬(アンジオテンシンツーじきっこうやく、, ARB)は、アンジオテンシンII(以下、「AII」と略す)と拮抗し、AIIがAII受容体への結合を阻害することにより血圧の降下作用を示す薬物である。
Fc受容体 Fc受容体(Fcじ、Fc receptor、FcR)とは免疫グロブリン(抗体)分子のFc部位に対する受容体タンパク質であり、細胞表面に存在する。免疫グロブリン分子であるIgG、IgA、IgE、IgMに対する受容体をそれぞれFcγR、FcαR、FcεR、FcμRと呼ぶ。
P2受容体ファミリー P2受容体ファミリー (P2じふぁみりー、P2 receptor family)は、ATP受容体とも呼ばれ、ATP、ADP、UTP、UDPなどの細胞外ヌクレオチドをリガンドとする細胞膜上受容体であり、大きく、P2X及びP2Yの2つのファミリーに分類することができる。