類似の単語または同義語 ぇじぇじぇ

ゅげむ    0.884593

ゅういちぶんのいち    0.882615

ょしだいひょう    0.880540

ゅりな    0.879877

ぱんぐ    0.877040

ょしらく    0.875302

ょいふる    0.870930

ゅうきかんじゅう    0.861829

ゅるじゅぱぶぽぽぉ    0.860352

ゅうべえくえすと    0.860294

類義語または同義語 ぇじぇじぇ

Article Example
2013年の日本 「今でしょ!」(林修)、「お・も・て・な・し」(滝川クリステル)、「じ」(あまちゃん)、「倍返し」(半沢直樹)が新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した(その他の受賞語は後節「#流行語」も参照)。
NHKとっておきサンデー この後、12月の年末編成時に8時から18時まで(途中にNHKニュースなど中断あり)に渡るマラソン放送で、20分ダイジェストの総集編完全版「暦の上ではディセンバー これで見おさめ!? じ! “あまちゃん祭り”」が放送され、この試みは2014年度にも『ごちそうさん』、『花子とアン』でも同様に実施された。
花子とアン 前々作『あまちゃん』の「じ」などに倣い、はなの故郷である山梨の「お国言葉」(甲州弁)を採用しており、制作統括の加賀田透は「ユーモラスで特徴的でもあるので話題になれば」と思いを述べている。以下はその主な例で、「花子とアン」推進委員会の公式サイトでも甲州弁を確認することができる。
やくみつゆ 2013年8月1日・8月8日放送の『たけしの等々力ベース』にて「低予算の結婚式道」としての企画が行われ、大神とその妻と共に師匠のたけしや芸人仲間からの祝福を受けた。その際にたけしから再改名が提案され、『壇四』、『今出翔』、『スギくん』、『ビッグダディ竹千代』、『じの鬼太郎』、『ダルビッチョ』、『ダイオウイカ夫』、『放尿時宗』、『錦ヶ浦あきら』、『東京名物大神支店2〜3年』、『埼玉名物ブリーダー殺し25年』等が挙がり、改めて改名するとされた。
上田育弘 上田が『ベストライセンス株式会社』名義で商標登録出願を行っている範囲には、連続テレビ小説『あまちゃん』の『じ』(商願2014-001492)、ドラマ『半沢直樹』の『倍返し』(商願2014-032028)などの流行語から、『一週間フレンズ』(商願2014-39418)や『ラブライブ』(商願2014-39416)といった名称そのものまで含まれている。さらに、携帯電話を意味する『MOBILE』の冒頭にAからZまでのアルファベット1字を加えたものも出願している(Y!mobileなど、これに近い名称を使用する事業者も存在している)。
あまちゃん 前述の「あま絵」や「アマノミクス」のほか、本作のファンのことを指す「」、視聴形態による「早あま」「朝あま」「昼あま」「夜あま」「週あま」「録あま」、放送終了後の喪失感を指す「あまちゃんロス(あまロス)症候群」「PASD(あまちゃん後ストレス障害)」、総合テレビの本放送直後に放送される『あさイチ』でのキャスター陣の本作感想トークを指す「あま受け」、総合テレビの再放送直後の『NHKニュース』冒頭での本作を観たNHKアナウンサーの表情を指す「昼あま受け」など、さまざまな造語がメディアなどによって生みだされた。なお、「あまロス」は『2013ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネート50語に、本作から年間大賞を受賞した「じ」と共に選出された。
2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス 10月17日に行われたファイナルステージ第1戦(Kスタ宮城)では、田中将大が完封勝利を挙げ、2013年のレギュラーシーズンから通算し25連勝を達成し、2012年からの連勝記録も29へと伸ばした。打線は銀次のホームランとケーシー・マギーのタイムリー安打により2点を挙げた。田中は銀次のホームランについて「じ!」と驚きを表現した。また、二塁手の藤田一也は2回1死1・2塁の状況で「0・1秒早い一塁転送」を見せ、併殺を完成させ、田中を守備で援護した。これで楽天はアドバンテージを含め2勝とした。また、この日よりKスタ宮城の最大収容人数が1097人増やされ、2万6965人となった。
激おこぷんぷん丸 トライバルメディアハウスの調査によれば、「2013ユーキャン新語・流行語大賞」ノミネート候補の中で注目度の高かった7語(「今でしょ」「じ」「倍返し」「アベノミクス」「フライングゲット」「お・も・て・な・し」「激おこぷんぷん丸」)のうち、2013年1月から11月までの期間にTwitterへ投稿された言葉で最も多かったものは「今でしょ」(約360万件)であり、2番目が「激おこぷんぷん丸」(約330万件)であったとしている。同調査では、「今でしょ」は幅広い年代の男性が投稿する傾向が高く、「激おこぷんぷん丸」は10代の女性が投稿する傾向が高いと分析している。
能年玲奈 2013年2月8日、公式ファンクラブ「くるぶし。」を開設。同年4月、オーディションで1953人の中から選ばれて、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロイン・天野アキ役を演じた。同作での演技により東京ドラマアウォード2013主演女優賞、第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を受賞、また劇中のセリフ「じ」は2013年新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した。12月31日に放送された第64回NHK紅白歌合戦では紅白PR大使を務め、「あまちゃん」“特別編”と題した企画ステージに出演した。
あまちゃん 7月に発表されたオリコンのアンケート調査「2013年上半期最もブレイクしたと思う女優・俳優」において、女優部門では能年玲奈が1位、橋本愛が2位にそれぞれランクインし、俳優部門では福士蒼汰が1位に選ばれた。また、同月に発表されたオリコンのアンケート調査「2013年上半期エンタメ流行語」において、本作品で登場人物が使用する「じ」が2位にランクインした。同年11月発表の「2013年 ブレイク俳優ランキング」では、福士が2位、東出昌大が4位、松田龍平が5位にそれぞれランクインした。同年12月発表の「2013年 ブレイク女優ランキング」では、能年が1位、有村が2位、橋本が6位、小泉が7位にそれぞれランクインした。