類似の単語または同義語 あり方

在り方    0.854514

実情    0.674604

意義    0.668434

論議    0.652245

理念    0.648958

是非    0.646881

主体性    0.638673

言説    0.636499

現状    0.627529

方策    0.626587

類義語または同義語 あり方

Your secret weapon. Online courses as low as $11.99

Article Example
桃花台線の検討会 しかし桃花台ニュータウンの住人が利用する公共交通機関のうち桃花台線がもっとも利用者数が多いことや、同住人を対象としたアンケートで同線の存続を望む意見が過半数を超えたことなどを挙げ、愛知県に対し桃花台線を存続させることを提言した。
桃花台線の検討会 ただし存続させるためにはこれ以上利用者増が期待できないことから、耐用年数を過ぎた現行車両を更新するのではなく、新たに別の安い経費で運行を継続できるシステムへと切り替えることを提案。これによって利用者数に見合う公共交通機関を作り、同線の存続を目指した。同会は現行システムの2両編成化や特殊な専用バス車両を用いたシステムなど、複数のシステムを比較検討。その結果、2005年に愛知万博会場で運行されるトヨタ自動車のIMTS方式がもっとも安い経費で運行できると結論づけた。
国・行政のに関する懇談会 国・行政のに関する懇談会(くに・ぎょうせいのありかたにかんするこんだんかい)は、第2次安倍内閣の稲田朋美行政改革担当大臣の下で、国民に分かり易いかたちで議論し、幅広い世代に訴えかけるため、次世代を担う30代・40代の若手や女性を中心とした懇談会。運営は内閣官房行政改革推進本部事務局が行っていた。
国・行政のに関する懇談会 2013年10月29日現在のメンバーは以下の通り。
桃花台線の検討会 愛知県は同会の提言を受け、その内容を精査。結果IMTS方式にかかる費用が同会が試算したものよりも大幅に増えることや、その他のシステムについても採算が合わないことを2005年11月22日に発表する。更にトヨタ自動車が参入に対し否定的な見解を示したことから、同会の提言による存続は完全に頓挫。その後愛知県は、2006年3月28日に同線の廃止を発表。同線は2006年10月1日に、正式に廃止された。
桃花台線の検討会 桃花台線の検討会(とうかだいせんのありかたけんとうかい)は、愛知県が同県小牧市で運行されていた新交通システム「桃花台線」(2006年10月1日で廃止)の現状分析および今後の方向性を同県知事に提言するために設置した有識者会議。事務局は同県企画振興部交通対策課に置き、2004年7月26日に設置された。岐阜大学教授竹内伝史を委員長とし、監査法人トーマツの足立政治をオブザーバーに迎え、県庁職員および小牧市役所職員、桃花台新交通(同線運行会社)常務などを含む全14名の委員で構成されていた。2005年3月30日に同県知事神田真秋(当時)に提言を提出。その後同会は解散した。
桃花台線の検討会 巨額の公的資金投入に伴い2003年から実施された桃花台新交通の経営改善策に対して、同会は、人件費削減などによる経費削減について一定の評価をしつつも、運賃を下げたが利用者が微増にとどまったことで、結果的に収支が以前よりも悪くなったことを指摘。更に利用者としてもっとも想定された桃花台ニュータウンにおける利用率が極めて低いことや、ニュータウンの人口が当初の計画よりも低く留まることなどを挙げ、存続が非常に困難であるとした。
司法のを検証・提言する議員連盟 初会合は2010年(平成22年)4月28日に開かれた。その前日の4月27日には陸山会事件で不起訴処分とした小沢一郎に対し東京第5検察審査会が審査員11人の全会一致で「起訴相当」を議決をし、仮に検察が不起訴としても再度検察審査会が「起訴相当」議決をした場合は、強制起訴制度によって小沢一郎が強制的に起訴されることが報道される中で結成された。
司法のを検証・提言する議員連盟 2010年(平成22年)5月26日、小沢一郎幹事長を不起訴とした東京地検の判断の是非を審査している東京第一検察審査会事務局に対し、「審査補助員の選任方法や標準的な審査期間について聞きたい」という名目で、辻本人と秘書が電話を入れ、衆院議員会館の事務所に来るよう呼びつけた。審査会側は要請に応じなかったが、政権与党の幹部が、政治的な中立が要求される検察審査会側に接触を図るのは極めて異例である。読売新聞が5月27日に行った取材に対し、辻は電話をかけたこと自体を否定した。しかし30日になってその事実を認め、さらに「制度論について問い合わせることは当然だ」「不適切とは思わない。事務局に電話することで、審理に影響があるはずがない。(電話を入れたことが)漏れることが問題だ」とも語った。
公共放送のについて考える議員の会 公共放送のについて考える議員の会(こうきょうほうそうのありかたについてかんがえるぎいんのかい)は、日本の議員連盟。