類似の単語または同義語 米国

アメリカ    0.820017

英国    0.774657

アメリカ合衆国    0.747719

カナダ    0.736212

イギリス    0.720039

オーストラリア    0.661757

北米    0.639543

合衆国    0.636671

海外    0.623016

欧州    0.603454

類義語または同義語 米国

Article Example
2010年11月、FRB議長のベン・バーナンキは追加的量的緩和政策(quantitative easing policy、いわゆるQE2)の中で、約6000億USドル(約48兆円)の債を市中から購入する決定を行った。失業率の改善や、SP500等株価指数の上昇など、QE2の効果は着実に表れたとされる。
カブドットコム証券によると、為替変動や発行体の信用リスクにより損失が発生するおそれがあるとされる。一方、サンケイビズは満期まで保有していれば額面通りに償還されるとしており、ZAKZAKも、満期まで保有して償還を受ければ、損失は発生しないとしている。ただし償還は米ドルのため円に戻す場合は為替レートによって債購入時に比較し損失を出すこともあれば利益が出ることもある。
民主党の前原誠司政調会長は「債を売ってしまうとドルの信頼に響き、さらなる円高が加速する可能性もある」と述べ、売却に否定的な見解を示した。
コモンウェルス (州) ペンシルベニア州では、州の紋章 () には、「State of Pennsylvania」とあり、「コモンウェルス」の語は入っていないが、法的手続きは「コモンウェルス」の名において行われ伝統的に公式の場では「コモンウェルス」を用いて州に言及するようになっている。1776年の最初の州憲法において「Commonwealth」と「State」の両方が州を指す表現として用いられており、このパターンは、その後の1790年、1838年、1874年、1969年の州憲法でも繰り返されている。
コモンウェルス (州) 植民地時代以来の「コモンウェルス」の呼称に関する事項を含め、ペンシルベニアの統治機構の起源についての詳細な歴史は、州務長官 (the Secretary of the Commonwealth) 局から提供されている。
コモンウェルス (州) バージニア州では、「"State"」の表現も公的に使われているが、単独で「州」を指す場合ではなく、「」や「」のように複合語の中で使用されるのが普通である。
インペリアル・レコード () 1961年にはアラディン・レコード、1963年にはミニット・レコードを買収し、レーベル傘下に収めた。しかしながら1963年、2大看板スターであったファッツ・ドミノとリッキー・ネルソンを相次いでライバルのレーベルに奪われたことを機にチャッドはインペリアルをリバティ・レコード()へ売却し、経営から身を引いた。
セブン-イレブン () セブン-イレブン (7-Eleven, Inc.) は、アメリカのコンビニエンスストア。テキサス州オーククリフで、1927年にオープンした氷販売店がはじまりだと言われている。
セブン-イレブン () マークや看板に使用されている3色のイメージカラーは、グリーンが砂漠のオアシスを、赤が夜明けの空・開店時間の7時を、オレンジが夕方の空・閉店時間の11時を表している。これらのイメージカラーは、一部店舗を除き、世界中で使用されている。
セブン-イレブン () キャッチフレーズは「Thanks Heaven, Seven Eleven」(セブン-イレブン、ありがたい)であり、日本における「セブン-イレブン いい気分!」と同様に、韻を踏んだものとなっている。1971年には、多くの店が24時間営業を開始した。